お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 スキル

会話力のある女性は好印象! トレーニングの方法とは

澤口珠子(婚活・女子力アップコンサルタント)

人と話をしていても、いまいち盛り上がらない、話が続かないと思ったことはありませんか。人との会話を楽しくするためには会話力が必要です。会話力があれば、相手も居心地がよくなり、全体的なコミュニケーション力がアップします。また、楽しい人だと思われ、異性や友達からも好印象に思われやすくなることでしょう。会話力のある女性になるためのトレーニングの方法について、女子力アップコンサルタントの澤口珠子さんに教えてもらいました。

会話力のある人とは

会話力のある人とは一体どんな人のことなのでしょうか? また会話力のある女性の印象などについても聞いてみました。

会話力のある人とは

以下のような特徴を持っています。

コミュニケーションバランスが取れている

会話力のある人とは、雑談が得意な人や話がうまい人という訳ではありません。会話力のある人とは、言語コミュニケーションである聴く力と伝える力、それから非言語コミュニケーション、この3つのそれぞれのスキルが高く、かつバランスの取れている人です。

自分から話しかける

そして、まず自分から話しかける、自己開示するといった与えるマインドも兼ね備えている人。会話力というと、ついついおもしろい話や気の利いた話のひとつでもしなければいけないとプレッシャーを感じるかもしれません。ですがそれは自分目線に過ぎず、相手目線に立っていない考え方です。会話は相手とのキャッチボールで、相手があってこそのもの。会話力のある人はこの基本をよく理解しているので、実は会話力のある人は自分が伝えるよりも、相手の話したい話を聞き出し深堀りする「聴く力」が優れている傾向があります。「聞く」と「伝える」の割合は「7対3」の法則で、7割聞いて3割話す割合が、もっとも相手に好印象を残すと考えられています。

非言語コミュニケーションを活用する

会話力のある人は、見た目や仕草、姿勢のボディランゲージなど非言語コミュニケーションを活用するのも上手。非言語コミュニケーションでも、相手の話に興味を持って聞いていることを伝えるので、相手は安心感を得られ心が開示しやすくなります。その結果、相手は自分が話したいことを話せるので、会話が弾むのです。人は自分の話に興味を持って聞いてくれる人に好感を抱き、逆にその相手をもっと知りたいと思うもの。会話力のある人とは、会話をした人がまた会いたいと思ってくれる人とも言えますね。

会話力のある女性の印象

会話力のある女性は老若男女、誰からも好感を持たれます。人は誰でも承認欲求があり、それを満たしてくれる人に好感を抱く生き物。つまり、人は常に自分の話を聞いてもらいたいと思っていますし、自分の話に興味を持って聞いてくれる人に好感を持つのです。会話力のある女性は、相手が話したい話を聞き出し、深堀りする聴く力が備わっているので、相手は話せば話すほどその女性に好感を抱きます。デートなら、男性に「なんだか自分ばかり話してるけど、大丈夫?」「自分ばかり話しちゃったから、次回は○○ちゃんの話を聞きたい」と言われる女性が会話力のある女性です。コミュニティや職場などの組織なら、なくてはならない潤滑油的存在になるでしょう。

会話力が求められる場面とは

会話力が求められる場面は初対面の人と会うときです。初対面の人と会話するときはついつい当たり障りのない内容を選んでしまいがちですが、それでは2人の距離は縮まりませんし、仲も深まりません。相手が話したいことの根っこは、実は相手の価値観や信念に基づいています。会話力で相手の話したいことを聞き出し、掘り下げていけば、より深く相手を知ることが出来ますよ。また自分よりも相手がたくさん話すことにより、相手の情報をたくさん得ることが出来るので、その後の関係性や交渉ごとにも有利に働きます。会話力があることはまさに、メリットしかないと言えるでしょう。

次ページ:会話力はトレーニングで身につく!

お役立ち情報[PR]