お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 結婚

占いじゃわからない! 「本当の婚期」を見逃さない方法

沢宮里奈(婚活マッチメーカー/コラムニスト)

これで見逃しゼロ! 婚期の前兆はこれだ

婚期は人それぞれ異なるタイミングで訪れるもの。しかし、自分に訪れた婚期に気づかなければ、いつまで経っても結婚することはできません。具体的に、婚期とはどんなときなのでしょうか?

「この人以上の男性はもう現れない!」と思えたとき

結婚に一番必要なのは、何といっても勢いです。「この人を逃したら一生後悔する」と思ったら、何を置いてもすぐに行動しましょう。そのタイミングこそ絶好の婚期です。

仕事が安定し、人生設計が見えてきたとき

これからの時代、男性だけに頼る生き方はナンセンスです。万が一相手に何かあっても、やっていけるだけの見通しが立てば、結婚後にたとえ何があっても、自由な選択肢が広がります。そのため、女性にとっても、仕事が安定し人生設計をひきやすくなったタイミングが婚期とも言えます。

自分の生きがいがある程度見えてきて、家族を持つ自信が持てたとき

「結婚相手がほしい」「子どもがほしい」というだけで結婚すると目標を達成したときに「想像とちがった」ということになりかねません。結婚は恋愛とちがい、子ども、夫、その親、家族のお世話も視野に入れて、覚悟を決める必要があります。その覚悟が決められそうな時期も、婚期と言えますね。

次ページ:焦りは禁物。婚期が訪れたらどうするべき?

お役立ち情報[PR]