お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 働き方

渡し方も受け取り方もスマートに。名刺マナーの基本

松本繁美(マナーアドバイザー)

初対面の相手と交わす最初のコミュニケーションといえば、名刺交換。印象が決まる瞬間だからこそ、マナーを押さえたスマートな受け渡しができるといいですよね。マナー講師の松本繁美さんに、覚えておきたい名刺交換のマナーを解説してもらいました。

名刺の基本

最初に、基本的な名刺の渡し方・受け取り方を押さえておきましょう。渡す方向や名刺を持つ高さなど、参考にしてください。

名刺の渡し方

名刺交換は双方が立ち、机を挟まずに行います。机やテーブルを挟んでの名刺交換はいけません。お互いの間に何もない場所まで移動しましょう。そして名刺を胸の高さで持ち、両手で「名刺の表面」を向けて丁寧に差し出します。この時、相手が差し出した名刺の高さよりも低い位置で差し出すことで、敬意を表すようにします。もちろん、相手側が読める向きで差し出すことは言うまでもありません。

名刺の受け取り方

渡すときと同じで、両手で受け取ります。渡すときより低い位置で受け取るようにしましょう。名刺入れを持っている場合の交換は、名刺入れをトレイだと考えて受け取るとスマートです。

くれぐれも、相手の名前や会社名、会社のロゴなどに指がかからないように注意。極力、名刺のはじを持つように心がけます。名刺交換というと難しく考えがちですが、要は渡すときも受け取るときも「ていねいに扱う」、この一言に尽きます。丁寧に渡し、より丁寧に相手の名刺を受け取れば、すべての所作がうまくいくはずですよ。

次ページ:ケース別・名刺の扱いマナー

お役立ち情報[PR]