お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 インテリア・雑貨

年収に見合った家賃相場って? 年収と家賃のバランスの取り方

寺野裕子

いいところに住みたい。相場以上の家賃で住むには?

年収や手取りからの相場よりも、高い家賃の物件に住みたいという人もいると思います。家賃費用を捻出するためには、どのようなポイントがあるのでしょうか? 自分の年収における家賃相場よりも高い家賃の物件に住みたいという場合、次の3つのポイントをおさえることが大切です。

家賃以外の将来費用も含め、総合的に判断する

まずは、自分自身が「こうありたい」と考える生活スタイルを明確にしましょう。その上で、目安である収入の2~3割の家賃相場より高い物件に住むことが本当に優先事項なのか考えることが大切です。

家賃相場よりも高い物件に住むことで、「老後の余裕資金の準備に影響しないか?」「ほかの楽しみを諦めなくてはならないか?」などを考え、家賃相場よりも高い物件が優先事項となれば、無理な家賃負担とならないように家計管理体制を作りましょう。

家計見直しにより家賃費用を捻出

適正な家賃は、将来の余裕資金を確保しながら無理なく支払える金額です。家賃相場よりも高い物件に住む場合、将来の余裕資金のための貯蓄額も確保できるよう、家計の見直しをしてみましょう。節約できることは実行し、収入とのバランスをとることが大切です。

次ページ:自分の生活スタイルと合った家賃を設定しよう

お役立ち情報[PR]