お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 コーディネート

アラサーファッションの掟! 自分に似合う服を見つける方法とは?

三村 愛

アラサー女性のコーデの悩みとは?

「今日の服、どうしよう?」……朝起きてクローゼットを開けたとき、何を着て行こうか悩んだことはありませんか?

クローゼットの中にたくさん服はあるはずなのに、「着たい」と思う服がない……そんな声が30代女性から聞こえてきます。

今回はその原因と対策を、ファッションやヘア&メイクをトータルに提案する「シンデレラプランニング」代表の三村愛さんに教えていただきました。

アラサー女性のコーデの悩みとは?

30代になると、洋服はいろいろ持っているはずなのに、どう着こなせばいいのかわからなかったり、着られる洋服がないと悩むことが出てくる……そんな女性はどれくらいいるのでしょうか?

クローゼットに洋服はたくさんあるのに、着られる服がないと悩むことはあるのか、30~34歳の女性に、アンケートで聞いてみました。

着られる服がないと悩む30代前半女性は約70%

Q.あなたは、服はクローゼットにたくさんあるはずなのに、着られる服がないと悩むことはありますか?

ある……68%
ない……32%

※有効回答数378件

なんと3人に2人以上、約70%の女性が、着られる洋服がないと悩むと答えました。

たしかに、若いころに買った洋服が今は似合わなくなってしまったり、どんなコーデにすればいいのかわからなくなってしまったりすることはありますよね。

着られる服がないと悩む理由

着られる服がないと悩む女性たちにその理由を聞いてみました。

若いころの服が似合わない!

・「若いころの服は似合わないし、しかも古くさく見える」(32歳/食品・飲料/その他)

・「デザインと年齢の具合がうまくかみ合わない」(30歳/その他/事務系専門職)

・「引き出しに入らないくらいに服はあるのに、着まわせなかったり若すぎて着られないものが多い」(32歳/その他/その他)

服はあるのに合わせ方がわからない

・「安いからとセットで購入したりしたけれど、結局、合わせ方や使い道がよくわからず使わないままになる」(30歳/運輸・倉庫/その他)

・「あれにはあれを合わせようと頭で思っても、実際に着てみると合わない気がしてしまい、いろいろ着てみるうちに服がなくなることがよくあります」(34歳/その他/その他)

昔買った服を着る気がしない

・「昔買った服が多いので、デザインが古い気がして着るものがない」(32歳/学校・教育関連/専門職)

・「一度も着ていない洋服でも購入したときの気分と今の気分がちがい、魅力を感じなくなる」(34歳/機械・精密機器/その他)

年齢を重ねることで、昔似合っていた服も似合わない気がしたりするものかもしれません。

服はたくさん持っているのに合わせ方がわからないという声が多数聞かれました。買ったものの着こなせず、ほとんど着なかった服がたくさんある人も多いようです。

ほとんど着ていない服って、捨てられないものですよね。

買ったはいいけどなぜか着なかった服……。その原因は?

クローゼットにはたくさんの服が詰まっているはずなのに、ふだんよく着ている服のバリエはほんのわずか……。

「なぜ?」と思い、クローゼットの中を整理してみると、その奥には、ショッピング中に販売員に勧められてとりあえず買ってみたり、モデルが素敵に着こなしている姿に影響を受け、つい衝動買いをしてしまった服がズラリ。

20代は、たとえ自分に似合わない服でも若さでカバーして着こなせることもありますが、30代になり、外見(体型)が変わってくると、そもそも自分に似合う服でないと上手に着られなくなるんです。

そこで、アラサー女性は似合う服をどのように選ぶといいのか、そのコツについて見ていきましょう。

次ページ:似合う洋服を選ぶコツ! アラサーコーデの掟

お役立ち情報[PR]