お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 メイク

2017年秋メイクの最新トレンドはコレ! ポイントとやり方をいち早く紹介

西田美穂(カラーアナリスト/美容研究家)

季節が変わって、ファッションや小物は秋モードにシフトチェンジし始めました。それなら、メイクも秋のトレンドを取り入れてトータルに秋を装いたいですね。そこで、2017年秋メイクの最新トレンドとやり方を、カラーアナリストで美容研究家の西田美穂さんに詳しく解説していただきました。

2017年秋メイクのポイントは?

まず、去年2016年秋の流行を振り返りながら、2017年秋のトレンドメイクを西田先生に教えていただきました。

秋メイク2

2016年と2017年、秋メイクのトレンドの違いは?

西田:2016年の秋は、赤みアイ、赤みブラウン、平行太眉、ツヤ肌、コントゥアリング、ダークカラーリップ……などがトレンドでした。そして2017年秋、去年と変化した点は「肌」と「眉」ですね。去年までのツヤ肌は落ち着いて「セミツヤ」な質感へシフトしながら、眉は「アーチ」が復活し「ハンサムアーチ眉」がトレンドです。リップは「赤みカラー」や「ダークリップ」が引き続き定着しつつ、さらに「寒色系」のアイテムも取り入れられるようになっています。

2017年秋メイクのトレンドカラー

西田:まずは「ブラウン」が人気です。リップが印象的ですが、目元と頰にワントーンメイクとして使われることもあります。「オレンジ」から「ブラウン」にかけての色みが豊富で、「パープル」もモーヴ系からプラム系まで、幅広くトレンド入りしています。こちらもアイシャドウを中心に、チークやリップにも新商品が多く見られます。そして、あえての寒色系「ブルー」もトレンドで、淡くくすんだトーンや、ダークなターコイズ系が見られます。

2017年秋メイクの流行とメイクポイント

西田:トレンドはますます多様化を見せ、シーンやなりたいイメージに合わせて、選ぶ楽しみが増えていると言えます。リップメイク熱は夏から継続していますが、アイメイク熱も高まり、女性らしい色気の中にマニッシュな強さを出す動きを感じます。

次ページ:パーツ別、トレンド秋メイクのやり方とは?

お役立ち情報[PR]