お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

男性心理を徹底解剖! 本命女性に見せる脈ありサイン

織田隼人(心理コーディネーター)

遊びの女性に見せるサインとは?

本命に見せる独特のサインを知ったら、次に気になるのが「単なる遊び相手」に対するサインです。知りたいような、知りたくないような……! さあ、傷を深くしないためにも、勇気を出して男性の本音を探っていきましょう。

pexels-photo-57784

LINE・電話編

適当な内容で

・「適当なことを言ったり、一芝居を打っておくようなLINEをしておく」(23歳/その他/その他)

・「特に考えずに適当に送る。引っかかればラッキーくらい」(34歳/商社・卸/営業職)

ヒマなときに

・「既読無視だったり返信がおろそかになってしまうけれど、思いついたときにメッセージを送る」(33歳/その他/その他)

・「自分の都合のいいときにだけ連絡をとることが多い」(38歳/その他/その他)

下ネタ多め

・「恥ずかしい話をする」(36歳/その他/その他)

・「下ネタなど、友だち感覚で話をする」(27歳/その他/その他)

「絶対に嫌われたくない」本命とちがい、「嫌われても構わない」と考えるのが遊び相手の特徴です。甘いセリフを言われたからといって、舞い上がらないように気をつけたほうがいいのかもしれません。

デート編

からかう

・「いたずらでからかったりなどの当たり障りのない内容」(35歳/医療・福祉/専門職)

早めに帰宅

・「遊びの女性に対してはなるべく適当にきりあげようとする」(27歳/その他/その他)

・「面倒くさいのであまり長くデートをしない」(26歳/運輸・倉庫/技術職)

適当な相槌

・「彼女がする話をあまり真剣に聞いていない。あ~そうだね~という相槌が多くなる」(33歳/情報・IT/技術職)

・「相手の発言を、あまり真剣に聞かない」(38歳/建設・土木/事務系専門職)

わがままを言う

・「遊びなので、ある程度自分のペースで行動したり、自分のわがままも言ったりする」(31歳/その他/その他)

・「自分の好きな話とか自分のことしか話したりしない」(28歳/その他/その他)

自分の欲望最優先

・「やたら体を触る。ボディタッチ多め」(33歳/運輸・倉庫/その他)

・「ベタつく、触る。相手をあんまり気にしない」(30歳/医療・福祉/専門職)

いざデートとなると、相手よりも自分中心に考えてしまう男性が多いよう。こんな相手とのデート中は、女性側も「何かがちがう」と感じるはず! その直感を大切にしたほうがよさそうです。

行動編

軽いノリで誘う

・「軽いノリで誘って食事したりして本命用の予行演習とする」(34歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「昼間は会わずに飲みに行くだけが多いかも」(31歳/自動車関連/技術職)

割り勘

・「デート代を割り勘にしようとするなどの、あまりお金をかけた行動をとろうとしない」(38歳/その他/その他)

・「食事代などは割り勘で払うようにする」(38歳/印刷・紙パルプ/その他)

自分から連絡しない

・「こちらからは一切連絡しないかな」(36歳/その他/事務系専門職)

・「LINEやメールを数日返さない」(39歳/建設・土木/営業職)

相手のことをぞんざいに扱うという意見が多数ありました。冷静に考えれば、彼の気持ちは一目瞭然! とはいえ、自分自身で判断するのは難しいものです。こんなときには、冷静な第三者に判定してもらうのもオススメです。

会話・セリフ編

当たり障りのない会話

・「身近な話題や、なにげないことなどを会話する」(38歳/その他/その他)

・「個人情報など深い話はせずに浅く広く話す」(32歳/情報・IT/技術職)

自己保身に走る

・「自分には本命が別にいるとさりげなくにおわせる」(34歳/小売店/販売職・サービス系)

・「脈はないとさりげないアピール」(26歳/小売店/販売職・サービス系)

「また今度」が定番フレーズ

・「会う約束をするときにまた今度と言って、先延ばしにするときがある」(39歳/その他/技術職)

・「条件、日程など具体的な交渉に入らない」(35歳/マスコミ・広告/営業職)

遊び相手の女性とは、踏み込んだ話や明確な約束を一切せず、都合のいい扱いになることが特徴だと言えそうです。こんな場面を想像するだけで、なんだか切なくなってしまいます。

次ページ:本命に昇格するコツ・5つ

SHARE