お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

三角関係の「パターン別対処法」を男女心理のプロが解説

織田隼人(心理コーディネーター)

まとめ

三角関係にはさまざまなパターンがありますが、特に友だちが関わっている場合には、慎重に行動したほうがよいでしょう。自分が好きになった人が誰かとかぶってしまった場合は、譲るか譲らないかを早めに決めて行動するほうが、傷が浅くてすみます。2人の男性に好かれた場合も、しっかり自分の気持ちを見つめて、将来一緒に歩んで生きたいと思える男性を選んでください。

(監修:織田隼人)

※画像はイメージです

※この記事は2017年05月30日に公開されたものです

織田隼人(心理コーディネーター)

心理コーディネーター。男女の心理のちがいを伝えることで、男女の行きちがいを少しでも減らすのが目標。著書に「やっぱり彼と復縁したい貴女へ」「彼女と復縁する59の方法」「愛でセックスを買う男・セックスで愛を買う女」などがある。

HP:http://oda999.tea-nifty.com/blog/
復縁のコラム:http://fukuen.kimo.jp/
ツイッター:https://twitter.com/oda_hayato

この著者の記事一覧 

SHARE