お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 ダイエット

【管理栄養士監修】ダイエット中に太らないようにお酒を飲む方法

関口絢子

01

ダイエットしたくても、なかなかお酒がやめられない人や、仕事の付き合いで飲み会が多い人もいますよね。お酒は太りやすいイメージがあるかもしれませんが、ダイエット中にお酒を飲む場合、どんな種類のお酒をどうやって飲めばいいのでしょうか。管理栄養士の関口絢子さんに教えていただきました。

■ダイエット中にお酒を飲まないほうがいい理由

02

お酒にはアルコールが入っていますが、そのほかにはどんな成分が含まれていて、飲むと体にどんな影響が出るのでしょうか。関口さんに聞いてみました。

◇お酒の成分

関口:お酒は、お米や麦などの穀物や芋類に含まれるでんぷん、果実などの糖類を発酵させてアルコールに変化させたもので、大きく分けると醸造酒と蒸留酒があります。

☆醸造酒

醸造酒は、酵母を使って原材料をアルコール発酵させたものです。日本酒の場合は麹、ビールの場合は麦芽を、酵素の働きによってデンプンから糖へと分解してから、酵母を加えて発酵させます。ワインなどの果実酒は、果物に糖が含まれているので酵母を加えるだけで発酵可能です。

☆蒸留酒

蒸留酒は醸造酒を蒸留させたもので、ウイスキーや焼酎、ウォッカ、ブランデーなどがあり、アルコール度数も高めです。

お酒は主にアルコールと糖質で構成されていて、アルコールは1gあたり7キロカロリー、糖質は1gあたり4キロカロリーあります。また、ワインにはブドウ由来のポリフェノールも含まれています。

◇お酒が体に与える影響

関口:お酒を飲むと、アルコールや糖質の影響で血糖値が上昇し、「肥満ホルモン」と呼ばれるインスリンの分泌が促進されます。インスリンが多く出ると、余分なカロリーまで脂肪細胞が吸収してしまうため、ダイエットには向かないと言えるでしょう。また、アルコールの影響で緊張感がゆるみ、食欲にブレーキが利かなくなる可能性もあります。

お役立ち情報[PR]