お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 結婚

結婚前に同棲する意味って? 同棲のメリット・デメリット

ファナティック

結婚を意識して付き合っている彼がいると、結婚前に同棲しておくべきか悩みますよね。そもそも、同棲することにどのような意味があるのでしょうか? 今回は、既婚女性のみなさんに聞いた「同棲のメリット・デメリット」から、同棲する意味を考えてみましょう。

同棲

■既婚女性に聞いてみた! 「結婚前に同棲した?」

結婚とまではいきませんが、同棲も人生の中で比較的大きな決断になりえるもの。安直に同棲を選ぶわけにはいかないのですが、どれだけの既婚女性たちが結婚前に同棲を経験したのか、その数字を見てみましょう。

◇結婚前に同棲した既婚女性は約4割!

Q.あなたはパートナーと結婚する前に同棲しましたか?
円グラフはい……43.3%
いいえ……56.7%
(※1)

半数以下とはいえ、同棲を経験したことがある既婚女性は少なくないようですね。それでは、それぞれの回答の理由をくわしく教えてもらいましょう。

◇「同棲した」派の理由

同棲

☆お互いの生活習慣を確認したかったから

・「お互いの性格や生活習慣をたしかめ合い、愛し合えるかをたしかめるため」(29歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「相手がどんな生活リズムで生活しているのか、見て感じるのは大切だと思う。結婚してから気づいても遅い」(31歳/その他/販売職・サービス系)

日々、寝食を共にしていたら、否が応でも相手の生活習慣は目につきますよね。結婚をする前に、自分と相手のちがいを把握すれば、結婚をしてからそのギャップに戸惑うこともないでしょう。

☆一緒にいたかったから

・「毎日一緒にいたかったからです」(30歳/医療・福祉/その他)

・「通う手間もあったし、一緒にいたかったから」(31歳/学校・教育関連/専門職)

お互いに仕事が忙しく、週末も十分に会えない場合は、ひとつ屋根の下で一緒に住むのも手ですよね。少しでも長い時間、2人きりでいることができるでしょう。

☆彼が転勤になったから

・「相手が転勤になったため、ついて行くことになった」(34歳/その他/その他)

・「彼の転勤をきっかけに、ついて来てほしいと言われたから」(28歳/その他/その他)

今までは同棲の必要性を感じていなかった人も、「相手が転勤する」という一大事に見舞われたら、同棲を選ぶこともあるようです。彼と結婚することを前提に、同棲するのでしょうね。

◇「同棲しなかった」派の理由

女性

☆お互い実家暮らしだったから

・「お互い実家暮らしだったので、結婚するまでは一緒に暮らさなかった」(29歳/その他/その他)

・「お互いに実家暮らしだった。近郊に住んでいたので、会う時間があった」(32歳/その他/その他)

片方がひとり暮らしなら、同棲するための準備はさほど大変ではなくとも、両方ともなるとなかなかハードルは上がりそうです。貯金をしたい人もいるでしょうし、結婚が決まるまでは実家暮らしが無難かもしれません。

☆遠距離恋愛だったから

・「遠距離だったので、仕事を辞めて同棲のために引っ越しはできなかった」(34歳/医療・福祉/事務系専門職)

・「他県に住む者同士だったため。仕事は辞めたくなかったから」(31歳/その他/その他)

遠距離恋愛から同棲をする場合、どちらかが仕事を辞めたり、転勤したりする必要がありますよね。いくら彼と一緒にいたくても、今の仕事から離れるわけにはいかなかったのでしょう。

☆親に同棲を反対されたから

・「親に反対されたから。結婚して一緒に住みなさいと言われたので」(30歳/医療・福祉/専門職)

・「親が同棲を認めてくれなかったので」(31歳/商社・卸/その他)

成人しているとはいえ、やはり親に反対をされたらなかなか強く出ることはできません。将来のことも考えて、親の心象を悪くしてしまうよりも、おとなしく従った方が賢明かも。

同棲するに至るには、お互いの住んでいる環境、仕事の状況などが大きく関わってくるようです。それらの条件が揃い、なおかつ結婚を意識して「お互いの生活を知りたい」「関係をさらに深めたい」と思った2人が、同棲に踏み切るのかもしれませんね。

次ページ:同棲した既婚女性に聞いた「同棲のメリット」

お役立ち情報[PR]