お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 デート・カップル

【専門家監修】末っ子の男性の性格と恋愛傾向を徹底解剖!

織田隼人

01

何番目に生まれたかによって、性格に特徴が出ると言われますよね。末っ子の男性には、どのような特徴があるのでしょうか。兄弟構成ごとの性格や恋愛傾向、効果的なアプローチ方法などについて、心理コーディネーターの織田隼人先生に教えていただきました。

■末っ子男性の性格と恋愛傾向

02

末っ子男性の特徴は、兄弟構成によって変化するのでしょうか。末っ子男性の性格と恋愛傾向について詳しく解説します。

◇姉がいる末っ子男性の性格と恋愛傾向

姉がいる末っ子男性は、女性に慣れしているため、女性の扱いがうまかったり、女性に甘えるのが上手な人が多いです。ただし、兄弟関係によっては、年上女性に恐怖を抱いてしまっている男性もいます。例えば弟に対して絶対の支配をしている姉がいる場合、姉に逆らうことができず、常に恐怖を感じていたという経験が残っているからです。そのような男性の場合、年上女性に対しての恐怖が消え去らないので、年上女性を苦手としていることがあります。しかし、多くの男性は女性の扱いがうまく、年上年下ともに恋愛対象となりやすいでしょう。

◇兄がいる末っ子男性の性格や恋愛傾向

兄がいて姉がいない末っ子の男性は、仕事や団体行動などの要領がよく、人の行動を観察するタイプが多いです。というのも、男兄弟だけの場合は、自分が参考にすべき人間がすぐ近くにいるからです。恋愛傾向としては、女性は苦手なことがあったりします。兄弟が男だけだと、どうしても女性の行動は読めません。女性の思考を読み取る訓練をするチャンスが少ないので、女性との付き合いに苦労することがあります。ただし、兄がモテる場合や彼女がいる場合は、それを真似していることも多く、その場合は比較的すんなりモテる男性になります。

◇姉と兄がいる末っ子男性の性格や恋愛傾向

姉と兄がいる末っ子男性は、人付き合いが上手で「調整」が得意なことが多いです。兄弟が多いとケンカが起きやすいですが、末っ子は基本的にケンカでは「負ける立場」なので、甘えん坊であっても自らケンカを仕掛けることはほぼありません。兄や姉からケンカの原因が撒かれるのに対して、上手に調整していくことを学んでいるので、人の扱いが上手になります。女性との会話に慣れていて、調整するスキルを持っているため、恋愛においても彼女とはあまりケンカしない男性が多いです。年上に囲まれて育ったので、年上との付き合いに慣れているとともに年下対する憧れもあり、年上年下ともに恋愛対象となりやすいのが特徴です。

お役立ち情報[PR]