お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 カップル

いまは無理! 男子がキスする気分になれない時・6選

ファナティック

39070a51d8b63635663a179b8eeb418d_sカップルにとって、キスはお互いの気持ちを確かめ合うための大切なスキンシップ。好きな人と交わすキスは幸せを感じられますよね。ところが、大好きな彼女が相手でも、「今はキスをしたくない」と思う場面が男性にはあるようです。そこで今回は、彼女と二人きりでも、キスしたいと思えない状況について男性のみなさんにお話を聞いてみました。

■疲れているとき

・「なんとなく疲れているとき」(32歳/その他/事務系専門職)

・「仕事が終わり、疲れて帰ってきたとき」(39歳/小売店/営業職)

仕事で疲れているときは、そんな気分になれない男性もいるようです。キスよりも睡魔のほうが勝ってしまうのかもしれませんね。

■落ち込んでいるとき

・「仕事でミスをして落ち込んでいるとき。気分的にしたくない」(39歳/医療・福祉/営業職)

・「疲れているときや、仕事でへこんだとき」(37歳/情報・IT/その他)

仕事のことで気分が落ち込んでいるときは、彼女とスキンシップをしている場合ではないというのが本当のところ……。そのうち、彼が元気を取り戻していつも通りに振舞ってくれるまでは、そっと見守っていてあげましょう。

■歯磨きしていないとき

・「自分がまだ歯を磨いていないときとか……。キスするのが申し訳なく思います」(36歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「自分が歯を磨けていないとき」(25歳/学校・教育関連/専門職)

自分自身がキスできる状態にないので、相手に悪い……、と考える男性の意見もありました。エチケットに気をつかえる男性は清潔感があって素敵ですよね。

■目覚めのキス

・「寝起きで口がくさいとき」(33歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

・「寝起きのタイミング」(33歳/その他/営業職)

夜しっかり歯磨きをして就寝しても、やはり、寝起きは口のニオイが気になってしまうもの。本当はキスしたいけれど、彼女に引かれたくない! という思いから、遠慮している男性も多いようです。

■ケンカしたとき

・「やはりケンカしたあとは、そういう気になれません」(35歳/その他/その他)

・「ケンカ中」(36歳/機械・精密機器/技術職)

彼女とケンカ中は、そういう気分になれないという男性も少なくないようです。とはいえ、キスすることで仲直りのきっかけをつかむこともできますよね。

■食事あと

・「ニオイがきつい食べ物を食べたとき」(29歳/医療・福祉/専門職)

・「ニンニク料理を食べたあと」(37歳/その他/事務系専門職)

ニンニクなど、ニオイのきつい食材を食べた後は、さすがに彼女といえども、キスはしたくないと思う男性も多いようですね。二人とも同じものを食べたのであれば、お互い様かもしれませんが、どちらか一方だけとなると、大丈夫だよ! と言われても、やはり気をつかいますよね。

■まとめ

気持ちが乗っていないときやお口のニオイが気になってしまうときは、彼女とキスしたくないと考える男性も多いようです。彼にキスをせがんでも拒まれたときは、タイミングを見計らったほうがよさそうですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2017年3月にWebアンケート。有効回答数200件(22歳~39歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]