お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

初デートはおごり? 割り勘? 男と女の「デートのお会計」事情

ファナティック

初デートでの「おごられ」マナーとは?

初めてのデートで相手におごられるとき、それが当たり前のような態度をすると、相手に失礼ですよね。こ111こでは、初デートでのおごられマナーについて、いろいろ紹介していきます。

istock_32869574_large

男性から「おごるよ」と言われたときにとるべき行動

初デートのときに、男性がおごってくれることもあるもの。そこで働く男性に、初めてのデートで、男性から「おごるよ」と言ったときに、女性がとるべき行動をアドバイスしてもらいました。(※3)

一度は払おうとしてほしい

・「一度は、私も払うと言ってほしい。それはマナーだと思う」(39歳/機械・精密機器/技術職)

・「一度は出す素振りをして、感謝してほしい」(37歳/その他/その他)

相手がおごるからといってそのままスルーしてしまうと、あまり気持ちの良いものではありませんよね。一度は払おうとする姿勢を見せると、印象も良くなるのではないでしょうか。

割り勘にしようという

・「割り勘にしないかと言ってくれることが正解です」(38歳/その他/その他)

・「割り勘にしませんか?と心から思って言うこと。それでもおごらせてほしいと言うのであればおごられればいい。ただし割り勘になったら嫌な気分になる人は最初からおごってと言った方が分かりやすくて好感が持てる」(36歳/情報・IT/その他)

おごってくれると言われても、一度は割り勘を提示してみるのも良いかもしれませんね。気遣いのできる女性だということをアピールできそうですよね。

財布を出すふりをする

・「財布を出すしぐさはしてほしい。実際に支払ってもらうことはないので」(34歳/情報・IT/営業職)

・「財布を出すふりして一回は出すと言って、男性からの”俺が払うよ”を聞いてからありがとうと言って財布をしまう。『次は私が出すね』と言って次につなげる言葉があれば良い」(33歳/学校・教育関連/事務系専門職)

本当は払うつもりがなかったとしても、財布を出すフリぐらいはしてほしいもの。お約束とはいえ、その気遣いを望んでいる男性は多いようですね。

素直に受け入れる

・「素直にごちそうになっていいと思う。あまり謙遜してもしょうがないと思うから」(27歳/その他/販売職・サービス系)

・「素直に受け入れて喜んでほしい。拒否されたり・当たり前の行為はNG」(36歳/機械・精密機器/技術職)

おごってくれるというときは、相手の気持ちを素直に受け入れると良いのでは。おごるつもりがないのであれば、最初から口にすることもありませんものね。

ありがとうと伝える

・「ありがとうございます。と喜んでもらえるとうれしい」(39歳/その他/クリエイティブ職)

・「ありがとうと素直に笑顔で感謝を述べる」(36歳/医療・福祉/専門職)

きちんと感謝の気持ちを口にするだけでも、男性はおごった甲斐があったと思うのでは。何度も断り続けるよりも、ありがとうと言ったほうが好感を持たれそうですね。

一回だけ断る

・「一応、一回目は拒否してほしいが二回言ったら素直におごられてほしい」(37歳/自動車関連/販売職・サービス系)

・「一回だけ断ってしつこく断らず受け入れてお礼を言う」(31歳/電力・ガス・石油/その他)

おごるといっているのに何度も断られてしまうと、男性も面子が立たなくなってしまうもの。一度だけお断りをして、その後は素直に受け入れたいものですね。

相手がおごってくれるからと言って、それが当然という態度をされると、やはり気分が悪くなる男性も多いかもしれませんね。一度は支払おうとしてみたり、割り勘を提示してみると良いのではないでしょうか。

次ページ:まとめ

お役立ち情報[PR]