お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

止められない!? 「彼氏以外の男子」にときめいた経験・6選

ファナティック

%e7%be%8e%e4%ba%baいい恋愛に浮気はご法度。そんなことはわかっているけれど、彼以外の男性に心移りしてしまった経験がある女性もいるようです。なぜ、そんなことになってしまったのか、女性のみなさんに真相を聞いてみました。

■恋愛はタイミングがすべて!?

・「彼氏の仕事が忙しく3カ月以上放置されたとき、相談に乗ってくれた男友だちにときめいた」(30歳/機械・精密機器/営業職)

・「好きな人がいたけど、うまくいかず、あきらめかけていたときに告白されたので付き合った彼氏。その後、好きな人に告白され『遅いよ!』と怒りながらも悩んだ。彼氏に浮気がバレたけど、結局、彼氏と別れなかった。しんどかった」(25歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

寂しくなっているときは人の優しさが身に染みるものですよね。もう少しタイミングがズレていたら……というケースも多いようです。やはり、恋愛はタイミングが重要ですね。

■年上男性の優しさに……

・「仕事の先輩で、1番つらいときに飲みに連れて行ってくれたり、忘れさせてくれたりして、好きになってしまった。相手も思ってくれていたが、お互いに彼氏、奥さんがいたので、諦めた」(24歳/食品・飲料/営業職)

・「社内の年上で大人の男性に好意を持ってしまったことがある」(25歳/その他/事務系専門職)

彼氏以上に一緒にいる時間が長い職場の男性。特に年上の男性は何かと頼りになりますよね。信頼する気持ちが恋愛感情に変わるのも時間の問題かもしれません。

■贅沢デートを経験してしまったら

・「元彼と付き合っていた頃、仕事で声をかけられた男性と食事に誘われて行ってしまった。その人はお医者さんで、私が行ったことがないような高級ホテルに連れて行ってくれ、新しい世界を見せてくれた」(24歳/機械・精密機器/秘書・アシスタント職)

・「毎回、大量に洋服とかを買ってくれる人は、いいなと思ってしまった」(24歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

一度は憧れるお金に糸目をつけない贅沢なデート。いずれは慣れてしまうものだとわかっていても、お姫様のような気分になると贅沢をさせてくれる男性が素敵に思えてしまうのだから不思議ですね。

■勢いまかせ……

・「飲んでいたら、勢いでキスされて気になりはじめた。その後、しばらくLINEしていた」(27歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

・「彼以外との人に誘われれば、デートぐらいはした。結局、彼に戻る」(33歳/不動産/事務系専門職)

恋愛には勢いが大切だと言われますが、勢いで心移りをしてしまうのは考え物ですね。特にお酒が入っているときは要注意かもしれません。

■本能には逆らえず……

・「彼氏の弟にときめいてしまった。おそらく、彼氏に似ているからだと思う。ややこしくなるから、絶対に行動には移さなかった」(30歳/その他/販売職・サービス系)

・「彼氏はそれほどイケメンではないので、タイプの男性を見ると、揺れてしまう」(30歳/学校・教育関連/専門職)

「こういう顔が好き」という好みはそう簡単に変えられるものではありませんが、それが災いして彼氏との仲がこじれるのは避けたいですよね。「彼が一番かっこいい」と自分に言い聞かせて、トラブルは未然に防ぎましょう。

■彼氏に罪悪感を持ちつつも……

・「付き合ってたとき、ほかの男性に目移りしてしまったときがあって、ついアプローチしてしまうことがあったけど、やっぱり裏切りはよくないと思い直したことがあった」(26歳/商社・卸/事務系専門職)

・「彼氏がいるときにほかの人が気になったりすることが今までなくって、初めて気になる人ができたときに気持ちを止められず、自分からもアピールをしてしまい、結局、長年付き合っていた彼氏と別れて好きになった人のほうへ行ってしまった」(28歳/医療・福祉/専門職)

彼氏以外の男性に揺れ動いているとき、誰しもが彼氏に対しての罪悪感を覚えるでしょう。自制心が負けてしまうと、申し訳ないと思いつつもアピールしてしまう女性もいるようです。

■まとめ

彼氏とうまくいっていない、マンネリ化しているなど、心に隙があるときは、ほかの男性に目がいってしまいますが、行動に移す前に彼との関係が終わりになってもいいという覚悟があるか、自分自身に問いかけることも必要です。いずれにしても後悔のない選択をすることが大切ですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2017年3月にWebアンケート。有効回答数145件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]