お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

喧嘩ばかりの彼氏とは別れるべき? 「無視する」心理と仲直りのコツ

石川未樹

喧嘩別れになる原因

喧嘩がヒートアップしてしまい、勢い余って別れてしまうことがありますよね。そこで最後に、別れに直結する喧嘩の原因と喧嘩中にしてはいけないことについて解説してもらいました。

istock-535297623

・別れに直結する喧嘩の原因

(1)相手を蔑むような言動
(2)元彼と比較して、「前の人のほうがよかった」と言う
(3)今さら努力してもどうにもならないことばかりを求める(家柄、学歴、身長、家族構成など)

恋人同士であろうと、夫婦であろうと、この領域だけは侵してはいけません。この一線を守らなければ、関係性は崩れるものだとしっかり胸に刻んでおきましょう。

・喧嘩中にしてはいけないこと

▼「あなたとの未来が見えない」と言う

相手を理解する気がないと受け取られます。

▼ボディタッチを拒否

生理的にあなたを受け付けられないと思われてしまいます。

▼一緒にいることが苦痛という態度や言動

やり直す気があると思ってもらえません。

▼話し合う機会を作っても、場所を喫茶店など、外を指定する

仲直りをしたいという気持ちがないと受け手側は感じます。

どんな状況においても、まず、相手と今後どうしていきたいのか、という気持ちの整理をしましょう。感情的になって相手を責めたり、受け入れる気のない態度を長引かせてしまっているあなた。自分自身が別れを引き寄せているということを、忘れないでください。そして意外と重要なのが、話し合いの場所。いつも会っている場所とちがった場所を指定することで、男性の心理的に「受け入れられてない・拒絶されている」と感じることが多いです。仲直りするときは、なじみのある場所を指定しましょう。

また、仲直りしたいという気持ちがあるなら、「素直になること」が1番の近道です。そして素直になることは、「愛される女性」への道にも続いています。くれぐれも、お忘れなく。

次ページ:まとめ

SHARE