お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

男性に好かれるLINEの頻度~片思い、カップル、復縁まで~

フォルサ

01

好きな男性とLINEが続くとつい盛り上がってしまいますよね。でも、あまり頻繁に送りすぎるとウザがられてしまう可能性も。男性とのLINEのやりとりで最適な頻度はどれくらいなのでしょうか。男性が心地よいと感じるLINEの頻度を片思い中、カップル、復縁希望の場合に分けて解説します。

(1)付き合う前の男性とのLINEの頻度

02

現在片思い中で、付き合う前の男性とのLINEの頻度は、どれくらいが最適なのでしょうか。男性のみなさんに、付き合う前の女性とのLINEの頻度や内容について聞いてみました。

Q.初デート前のLINEの頻度はどれくらいが最適ですか?

%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%83%9501

1位 1日3回以下…41.58%
2位 1日4回~9回…22.52%
3位 1日10回以上…10.40%
4位 2~3日に1回…14.36%
5位 1週間に1回…11.14%

※『マイナビウーマン』にて2016年3月にWebアンケート。有効回答件数404件(22歳~39歳男性)

1日に3回以下の41%を筆頭に、75%近くの男性が、1日に1度は連絡をしたいと考えているようです。反対に、1週間に1回程度でいいと考えている男性も1割強いました。

<1日3回以下>

・「最初からあまり多いとそれが当たり前のようになってくる」(38歳男性/医療・福祉/その他)

・「LINEではなく言葉で直接伝えたいですね」(38歳男性/医療・福祉/専門職)

・「どんな距離感がよいかわからないから。話が盛り上がればそれ以上の回数でもいい」(30歳男性/医療・福祉/専門職)

あまり頻繁にLINEを送ると引かれてしまうという意見が最多でしたが、LINEより直接会う方がいい、ゆっくり親しくなりたいというように、付き合うまでの過程を楽しみたい男性も多いようです。

<1日4回~9回>

・「あまり頻繁にこちらから連絡してデート前に面倒臭がられたくないからです」(33歳男性/医薬品・化粧品/営業職)

・「付き合う前からあまり頻繁にやっていると、その後も応じないといけなくなる」(36歳男性/その他/その他)

・「あっさりさもなく、こってりさもない回数だと思います」(39歳男性/運輸・倉庫/事務系専門職)

1日に4~9回程度が、多すぎず、少なすぎずのLINE回数だと考えている男性が多いようです。

<1日10回以上>

・「話すことで相手のことがいろいろわかる、親密になれるから」(35歳男性/その他/事務系専門職)

・「いろいろ聞きたくなるのと、興味を持ってほしい、早く会いたい気持ちじゃないですかね」(37歳男性/学校・教育関連/専門職)

・「頻繁に連絡が帰ってこないのは脈がないと言うこと」(32歳男性/情報・IT/技術職)

デート前が一番盛り上がっているという意見が多いようです。また、脈ありかどうかを試すため、頻繁にLINEを送るという男性も。

<2~3日に1回>

・「何気ない感じで連絡を取った方が、相手の時間を拘束したり、返信が遅くても気にしない感じの距離感になると思うから」(24歳男性/商社・卸/営業職)

・「相手の生活リズムもわからない内に頻繁に連絡するのは気になるから」(36歳男性/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「毎日すれば、お互いに飽きちゃうし、一週間もあけちゃうと興味がないと思われるから」(37歳男性/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

まだ付き合っていない相手なので、気を遣うという回答もありましたが、単純にめんどくさいだけの男性もいるようです。

<1週間に1回>

・「付き合う前なのに頻繁な連絡をされると疲れるため、一週間に一度くらいがいい」(23歳男性/食品・飲料/販売職・サービス系)

・「LINEより、声かけで相手の表情を確認したいから」(39歳男性/団体・公益法人・官公庁/その他)

・「特に親しくもなければもっと少なくていいと思う、どうでもいい相手からの連絡への返信は面倒なだけなので」(27歳男性/その他/販売職・サービス系)

LINEでのやりとりを面倒だと感じてしまう男性は、週に1回でもいいと考えているようです。

男性によってちょうどよいLINEの頻度はそれぞれですが、1日に10回未満が適度と考える人が多いようです。付き合う前はLINE頻度を少なめにしておこう」と考えている男性が多いのでしょう。では、初デート後はどう変化するのでしょうか。

Q.初デート後の最適なLINEの頻度はどれくらいですか?

%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%83%9502

1位 1日4回~9回…32.67%
2位 1日3回以下…31.44%
3位 1日10回以上…19.31%
4位 2~3日に1回…10.89%
5位 1週間に1回…5.69%

※『マイナビウーマン』にて2016年3月にWebアンケート。有効回答件数404件(22歳~39歳男性)

初デート後は、1日に4~9回の割合が10%以上増えました。面白いのは1日に10回以上と答えた男性が減っていること。デートをするまでは1日に10回以上LINEを送ってくれた男性が、デートをした途端回数が減ったとしても心配する必要はなさそうです。

<1日4回~9回>

・「デートするほど親密なので多からず少なからず」(30歳男性/建設・土木/その他)

・「付き合う前であれば、むやみにLINEの回数を増やすと『ガツガツしている』という印象を与えかねないから」(22歳男性/その他/その他)

・「必要最低限のコミュニケーションの回数だと思うから」(37歳男性/その他/クリエイティブ職)

やはり、1日4~9回がちょうどいい頻度だと考える人が多いようで、初デート前より回数を増やすという意見がたくさんありました。

<1日3回以下>

・「付き合いが始まれば、頻度は多くても安心できるから」(30歳男性/食品・飲料/販売職・サービス系)

・「会って話しているのでそれ以上何度もメールすることはない」(38歳男性/運輸・倉庫/技術職)

・「初デート後であんまりしつこいLINEも気持ち悪いから、彼氏ヅラするなって感じだから。(36歳男性/自動車関連/技術職)

一度会うと相手のことがわかってくるので、回数を減らすという意見が多く見られました。

<1日10回以上>

・「ここで連絡が途絶えたら脈なしな気がする。そういう子もいるのかもしれないけど」(29歳男性/その他/クリエイティブ職)

・「デート後はラブラブで盛り上がっているから」(38歳男性/人材派遣・人材紹介/営業職)

・「さらにアプローチして付き合う段階まで持っていきたいから」(31歳男性/医療・福祉/専門職)

デート前よりLINEの頻度が減ると、自分に好意がないのではないかと考える男性も多いようです。また、「もっとアプローチをして関係を前進させたい」という積極派も。

<2~3日に1回>

・「がっついてないように思われるため少しだけ控えめ」(36歳男性/小売店/営業職)

・「その日にはするかもしれないが、初デートなので数日間とかがよさそう」(36歳男性/その他/その他)

・「少し焦らしてみるのも効果があったりする」(30歳男性/運輸・倉庫/その他)

初デートの後なので、がっついていると思われない程度に増やすという意見もあれば、焦らすために減らすという意見もありました。

<1週間に1回>

・「デートに行った間柄ならこの頻度で差し支えないと思うから」(27歳男性/その他/販売職・サービス系)

・「直接やりとりをするため、LINEを使わない」(26歳男性/その他/事務系専門職)

・「ただ単純に面倒くさいし、また遊びたくなったら連絡くれればいい」(23歳男性/その他/その他)

少数派ではありますが、もともとあまりLINEを使わないタイプの男性は、週1回で十分だと考えているようです。

1度のデートでなれなれしくなってはいけないと自制するタイプと、ここで前進しなくてはと張り切るタイプがいるようです。LINEの頻度が減った場合、その彼は前者なのかもしれません。では、付き合う前の女性から来たら嫌なLINEを聞いてみましょう。

Q.付き合う前の女性から送られてきたら、嫌なLINEって何ですか?

①拒否される内容

・「もう会いたくないので、連絡しないでください」(37歳男性/団体・公益法人・官公庁/その他)

・「短い間ですが、ありがとうございました」(28歳男性/医薬品・化粧品/事務系専門職)

拒否されるLINEが送られてきてしまったら、完全に脈ナシですよね。好きな女性から来たらショックなのではないでしょうか。

②プライベートな内容

・「自分自身のことだけやなく、家族のこととかまで細かく聞いてくる。そういうのはよほど仲良くか付き合ってからでいいかなと」(39歳男性/その他/その他)

・「身体や病気のこと、仕事やお金について聞かれること」(39歳男性/その他/その他)

付き合う前の女性から、家族や仕事、お金のことなどプライベートに踏み込んだことを聞かれるのは、値踏みされているようで嫌な気分になりますよね。

③勘違いしている内容

・「『もう私のこと好きなんでしょ』感がある内容。実際そうでも自意識過剰に見える」(22歳男性/建設・土木/その他)

・「会いたい会いたいってLINEは嫌だ」(23歳男性/その他/販売職・サービス系)

男性が自分のことを好きだと思い込んでいたり、過剰に好意をアピールするLINEが来たら、ちょっと引いてしまいます。

④ほかの男性をにおわせる内容

・「ほかの男性と遊びに行った旨の報告」(37歳男性/医薬品・化粧品/事務系専門職)

・「ほかの男の話をされると嫌だと思う」(30歳男性/自動車関連/営業職)

ほかの男性と遊びに行った報告などをされると、試されているように感じる男性も。好きな女性にされたら嫌な気分になります。

⑤悪口など不快な内容

・「人の悪口など、通常の会話で不快に感じることと同じです」(34歳男性/医薬品・化粧品/営業職)

・「他人の悪口や、仕事上のトラブルの相談など」(39歳男性/通信/販売職・サービス系)

悪口は聞いていていい気持ちがしませんよね。仕事上のトラブルも、女性は話を聞いてほしいだけかもしれませんが、男性の中には嫌がる人もいるようです。

拒否されるのはもちろんですが、ひとりで舞い上がったLINEを送るのも引かれる確率が高そうです。もちろん、悪口など、不快にさせる内容はNGですよね。では逆に、うれしいLINEについても聞いてみました。

Q.付き合う前の女性から来たらうれしいLINEって何ですか?

①好意を感じられる内容

・「何かをしてるとき、見たときに自分と一緒にできたらとか考えたっていう、離れてても思いが感じられるとうれしい」(34歳男性/金融・証券/経営・コンサルタント系)

・「ねーねー私たち結婚しちゃおっか」(32歳男性/印刷・紙パルプ/その他)

自分が好きな人から、好意を感じられるLINEが来たらうれしいですよね。あまり過剰なLINEはNGですが、さりげなく好意が伝えることは効果的なようです。

②デートの約束

・「いついつ空いてるけどデートしない」(29歳男性/団体・公益法人・官公庁/技術職)

・「次会う機会が待ち遠しいといったメッセージ」(36歳男性/その他/その他)

次回のデートの約束が来たら、自分に会いたいと思ってくれているんだなと感じますよね。

③前向きな内容

・「未来の話や子どもの話など、幸せな話がいい」(36歳男性/その他/その他)

・「本人の頑張りを聞くと、自分も負けてられないと奮起するきっかけになるので、そういう話を聞きたいです」(33歳男性/学校・教育関連/専門職)

お互いに気持ちが盛り上がっているときなら、将来の話をするのもいいかもしれません。また、頑張っている話を聞くと、自分も頑張ろうという前向きな気持ちになれますよね。

④気遣ってくれる内容

・「体を気遣ってくれるメールがうれしい」(39歳男性/マスコミ・広告/クリエイティブ職)

・「普段からありがとうなどのさりげない言葉」(34歳男性/自動車関連/事務系専門職)

自分のことを気遣って心配してくれる内容のLINEや、ありがとうと感謝のLINEが来たら、相手のことを大切にしてあげたいなと感じますよね。

※『マイナビウーマン』にて2016年3月にWebアンケート。有効回答件数404件(22歳~39歳男性)

前向きな内容や、好意がわかる内容のLINEがよろこばれるようです。あまりガツガツした印象のLINEは引かれるかもしれないので、さりげなく好意を表現できればいいですね。では、付き合う前の男性と楽しくLINEを続けるコツは何なのでしょうか。

Q.付き合う前の男性と楽しくLINEを続けるコツは何ですか?

①絵文字を使う

・「絵文字などを適度に使うことだと思う」(26歳女性/運輸・倉庫/販売職・サービス系)

・「長くしすぎない、かわいいスタンプを使ったり、ネタになるスタンプを使う」(24歳女性/食品・飲料/営業職)

LINEにはかわいいスタンプがたくさんあるので、文字だけでなくスタンプや絵文字を使うと、やり取りが楽しくなりますよね。

②適度な長さの文章

・「重いと思うのであまり長文を送らないようにする」(34歳女性/情報・IT/事務系専門職)

・「短すぎず、長すぎない文章でそこそこにやる」(29歳女性/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

毎回長文のLINEを送ると、読むのも返信するのも疲れてしまいます。文章が長くなりすぎないようにしたいですね。

③しつこくしない

・「毎日送らない。うざいと思わせないのが大事だと思うから」(30歳女性/その他/販売職・サービス系)

・「適度なペースで続けるといいと思います。近づきすぎず、離れすぎずがいいと思います」(33歳女性/ソフトウェア/事務系専門職)

先ほどのLINEの頻度にもありましたが、相手にうざいと思われないように、頻繁なやり取りは避けることが大切なようです。

④相手の気持ちを考える

・「ありがとうとかごめんなさいはちゃんと忘れずに言って、あっちからもこっちからも質問をすること」(28歳女性/医療・福祉/専門職)

・「相手がよろこぶように返信すること。気をよくしてもらうことで、返事が返ってくるから」(29歳女性/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

相手の気分がよくなるように、感謝や謝罪をしっかり伝えて、お互いが気持ちよくLINEができるようにしたいですね。

⑤質問攻めにしない

・「あまり質問攻めにしすぎないこと」(27歳女性/金融・証券/事務系専門職)

・「あんまり詳しくプライベートを聞きすぎないこと」(31歳女性/情報・IT/秘書・アシスタント職)

質問攻めにされると疲れてしまいます。お互いがキャッチボールできるように進めたいものです。

※『マイナビウーマン』にて2016年3月にWebアンケート。有効回答件数95件(22歳~35歳女性)

相手が重く感じない内容にすべきと考える女性が多いようですね。あくまでキャッチボールを意識して、一方的になるのは避けるようにしましょう。

(2)彼氏との最適なLINEの頻度

お役立ち情報[PR]