お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 結婚

結婚生活に疲れた……。既婚者が語る「結婚生活」とは?

ファナティック

将来、幸せな結婚生活を送るためには?

未婚女性が将来結婚したときに、どうすれば幸せな結婚生活を送れるのでしょうか? ここからは、幸せな結婚生活を送るためのヒントを紹介していきます。

結婚生活に疲れてしまう原因って?

新婚のころは楽しく感じた結婚生活も、長く続いてくると疲れてしまうこともあるものです。そこで既婚者女性に、結婚生活に疲れてしまう原因を教えてもらいました。

af9940106600m-1

価値観の違い

・「価値観の違い、それをお互いに合わせられないとか」(32歳/その他/その他)

・「価値観が違う人との同居でストレスがたまること」(30歳/機械・精密機器/営業職)

お金が足りない

・「お金が足りない。お金があればベビーシッターや家政婦を雇って私もゆっくりする時間ができるのだが、そんなことは夢の話である」(24歳/その他/その他)

・「お金がないから、金銭面で精神的にやられる」(31歳/その他/その他)

相手に合わせなくてはいけない

・「相手に合わせることがあたりまえになること」(34歳/医療・福祉/専門職)

・「相手に生活リズムを合わせなければならないこと」(32歳/その他/その他)

夫が家事を手伝わない

・「家事、育児はあくまで私の仕事であって、主人にとっては“手伝う、やってあげる”感覚のもの。体調がよくなかったり、どうしても都合が悪いときに家事や育児をしてもらうことがあるが、その“やってやってる感”があってつらい」(31歳/その他/その他)

・「家事も仕事も自分がしなければいけないところ。ごはんはコンビニでいいと言われるが、金銭面でも健康面でもそういうわけにもいかないのに、夫は安易に考えすぎ」(27歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

2人で楽しく過ごしたいと思っていても、育ってきた環境や生活習慣の違いから、疲れてしまうこともあるようです。そういう意味では、結婚前に同棲をすることは、相手を見極めるためのいい機会になりそうですね。

幸せな結婚生活を送る夫婦とは?

結婚したら幸せな結婚生活を送りたいとあこがれる女性も多いのでは? 既婚者女性に、幸せな結婚生活を送っている夫婦の特徴について、教えてもらいました。

af9920086248m

感謝の気持ちを言葉で表している

・「お互いに感謝している気持ちを表しているかどうかだと思います。働いてくれてありがとう、家事をしてくれてありがとうですね! ちゃんと話すとそれだけでコミュニケーションになると思うから」(34歳/その他/その他)

・「お互いに感謝の気持ちを忘れずに言葉で伝える」(34歳/その他/その他)

お互いを思いやっている

・「お互いに思いやりを持って大事にしあっている」(32歳/その他/その他)

・「お互いを思いやってお互いを休ませてあげることができる」(29歳/その他/その他)

お互い尊重し合っている

・「お互いを尊重して、ある程度距離を置く」(34歳/その他/その他)

・「お互いの意見を尊重して信頼し合っている。2人ともが精神的に自立している」(32歳/その他/その他)

お金に余裕がある

・「お金に余裕がある家庭。心にも余裕があるから」(33歳/食品・飲料/技術職)

・「お金にゆとりがあって優雅な生活」(27歳/その他/事務系専門職)

結婚前にはあたりまえのようにできていたことが、結婚して一緒にいることに慣れてしまい、相手にやさしくすることができなくなることも……。いつまでも初心を忘れないのが、結婚生活をうまく続けるポイントなのかもしれませんね。

次ページ:まとめ

お役立ち情報[PR]