お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 結婚

結婚生活に疲れた……。既婚者が語る「結婚生活」とは?

ファナティック

結婚生活の「理想」と「現実」

ここでは結婚生活の理想と現実について、既婚者女性の意見を元に紹介していきます。

結婚前に思い描いていた「理想」の結婚生活って?

結婚前に、理想の結婚生活を思い描いている人も多いもの。既婚者女性も同じように、結婚前はいろいろ夢見ていたのではないでしょうか。既婚者女性に、結婚前に思い描いていた「理想」の結婚生活を教えてもらいました。

af9940089772m

夫が家事を手伝ってくれる

・「家事も手伝ってくれて、お互い働く共働き。いつも楽しい感じ」(27歳/その他/その他)

・「家事分担、お互い思いやりを持ち支え合い、毎日安らかでいられる」(26歳/金融・証券/営業職)

笑顔の絶えない家庭

・「家族仲よく笑顔の絶えない家庭」(32歳/その他/その他)

・「家族みんなが笑顔で暮らせる生活」(30歳/その他/その他)

休日には家族でお出かけ

・「休みの日には家族みんなでお出かけ」(31歳/その他/その他)

・「休みの日に家族でいろいろな場所に出かける」(29歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

楽しい毎日を送れる

・「毎日が楽しくて一緒にいることが楽しいと思っていた」(30歳/金融・証券/営業職)

・「毎日楽しい日々が送れると思っていた」(34歳/医療・福祉/専門職)

結婚前は、結婚生活にいろいろな夢を描くもの。実際に結婚をしてみると、理想通りに行かないことが、徐々にわかってくるようです。

結婚してわかった結婚生活の「現実」とは

次は、結婚してわかった結婚生活の「現実」について、既婚者女性に話を聞いてみました。

af9920085723m

お金が大切

・「お金はけっこう大切。あればあるだけいいと思う」(27歳/その他/その他)

・「お金が思っていたよりも足りないってことに気づかされたこと」(26歳/その他/その他)

家事に追われる

・「家事が思ったよりも大変、特に料理が苦手なので毎日とても面倒くさい。休日も夫がくたくたで動かないときもある」(34歳/その他/その他)

・「家事に追われて忙しい」(32歳/小売店/販売職・サービス系)

子ども中心の生活になる

・「子どもが生まれると、子ども中心の生活になり、夫婦2人で出かける機会がほぼなくなった」(32歳/その他/その他)

・「子どもが生まれると、自分の時間はなくなるし、お金もなくなるし、大変」(34歳/その他/その他)

夫が家事を手伝わない

・「夫は言わなければ家事をしない。言えばしてくれるが、指示することが面倒で、結局自分でしてしまう」(27歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「男性は片付けとかが苦手で思ったより家事をしてくれないこと」(33歳/その他/その他)

結婚前の理想とはほど遠い結婚生活を送っている人は少なくないのかも。あまり理想を高く持ちすぎていると、理想と現実のギャップに押しつぶされてしまうかもしれませんね。

次ページ:将来、幸せな結婚生活を送るためには?

お役立ち情報[PR]