お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 片思い

男子の作戦! 気になる女子と「距離を縮めるLINEテク」6つ

ファナティック

line手軽な連絡手段としてメールや電話以上に活用している人も多いLINE。気になる女性との距離をグッと縮めるためには上手にLINEを使うことが大事だと思っている男性も少なくなさそう。今回は、どういう使い方をすれば、LINEで女性との距離を縮められるのかについて男性の意見を聞いてみました。

■会話は疑問文で送る

・「疑問文で会話が続くようにLINEを送る」(28歳/運輸・倉庫/その他)

・「彼女が好きなネタについて、興味がある素振りで質問LINEを送る」(35歳/機械・精密機器/技術職)

会話を長く続けるために疑問文でLINEを送る。女性が簡単に答えを返せるような軽い質問を何度か続けていると、少しずつ打ち解けてきて、相手の方からも話題を振ってくれるような関係になれそうですね。

■プライベートな質問をする

・「できるだけプライベートな質問をしてみる」(33歳/その他/事務系専門職)

・「好きなタイプを聞いたりする」(37歳/医療・福祉/専門職)

相手に自分の好意をそれとなく伝えるためにも使えるプライベートな質問。それに答えてくれると、相手も自分に対して親近感や好意を持ってくれていると思えそう。好きな人のことを知りたいという純粋な気持ちでもありそうですね。

■他愛もないメッセージ

・「『どうしてるー?』などと、いきなり送る」(35歳/その他/その他)

・「LINEで他愛もないメッセージを送る」(38歳/不動産/営業職)

特に用事がなくても好きな人とつながりを持ち続けることは大事。「元気?」とひと言メッセージを送るだけでも、女性からすると気にしてくれていると思えてうれしくなるかもしれませんね。

■マメに連絡する

・「気になる子にだけ、頻繁にメッセージを送る」(24歳/その他/事務系専門職)

・「マメに連絡を取ること」(37歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

他の人には連絡をしていないのに、気になる人にだけはマメに連絡をする。好きだと告白しなくても、一人の女性だけを特別扱いすることで、さり気なく自分からの好意を伝えることもできそうですね。

■デートに誘う

・「まずは食事に誘ってみて、相手の反応を見てみる」(37歳/建設・土木/技術職)

・「二人で会いたいと言って、反応を見る」(32歳/その他/事務系専門職)

LINEのやり取りの流れから二人だけでの食事に誘ってみるという男性も。会話が盛り上がった勢いで誘えば断られることも少なそうだし、面と向かってではないだけに断られたときにも男性としてはショックが少なそうですね。

■グループLINEを活用

・「グループLINEの話がうまくいくように、事前に打ち合わせるふりして二人だけのやり取りをする」(33歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「グループLINEを作っておき、その女性個人にあえて送って、気になっているということをアピールする」(30歳/医療・福祉/専門職)

グループLINEを口実に個別のメッセージを送るという方法で距離を縮めていく人もいるようです。グループ内での相談事などをあえて個人宛てにすることで、その女性のことを信頼しているという気持ちを知ってもらうこともできるかもしれませんね。

■まとめ

いきなり誘うのではなく、まずは当たり障りのない会話が自然にできるような関係を作るところからスタートさせる。LINEでうまく距離を縮めていくためには、連絡を取り合う頻度や内容に気を使いつつ、相手の女性の警戒心を解くことも大事だと思っている男性が多いようです。やけに頻繁に連絡が来るなぁと感じたら、その男性は好意を持ってくれているのかもしれませんよ?

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2017年3月にWebアンケート。有効回答数200件(22歳~39歳の働く男性)

お役立ち情報[PR]