お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

緊張するー! 好きな女子をお誘いするときの男子の心境・6選

ファナティック

00_pp05_pp_tp_v友だちが相手なら、気兼ねなく遊びに誘えるのに、相手が気になる異性となると、緊張してしまってなかなか誘えない……! という方は多いのではないでしょうか。断られたときの気恥ずかしさや不安というのは、少なからず誰にでもあるはず。今回は意中の女性を誘うときに、男性たちがどんな気持ちでいるのか本音を聞いてみました。

■誘い方がわからない

・「めちゃくちゃ緊張します。恥ずかしくて自分からは声かけられない」(39歳/電力・ガス・石油/事務系専門職)

・「どう誘っていいかわからない」(36歳/学校・教育関連/その他)

どういう言葉で誘えば良いのか、そこからわからないという男性もいるようです。緊張や恥ずかしさが勝ってしまって、結局は自分から声をかけられずということもありそう。好きな気持ちが大きいほど意識しすぎてしまうのでしょうね。

■疎遠になることへの不安

・「距離を縮めようとしたことが逆効果になってしまうのではないかと不安になります」(26歳/その他/販売職・サービス系)

・「断られることで相手に気を使わせたり、疎遠になったりするかもと考えて」(38歳/情報・IT/技術職)

自分からアプローチすることで、相手に引かれてしまったらどうしよう。疎遠になるくらいなら、程よい距離感でもその関係が長く続く方が良いと思うと、無理に距離を縮めなくてもと弱気になってしまうみたいですね。

■断られることへの不安と緊張

・「緊張する。断られるかもと思ってしまう」(38歳/その他/販売職・サービス系)

・「女性が否定的な反応を示すかどうかが不安になる」(37歳/その他/その他)

絶対にOKしてくれるという自信がなくて誘うときには、緊張するという男性も。好意を持ってくれているかもと思っても、それが自分だけの思い込みだったらとマイナスなイメージばかり浮かんでしまうのでしょうか。

■文章をじっくり吟味する

・「送信するときの自分の文章はこれで大丈夫かと緊張することはある」(35歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

・「相手が不愉快に思ったり、文章だけの会話なので気持ちがちゃんと伝わってるか不安」(25歳/その他/販売職・サービス系)

意中の女性にLINEを送るときには、相手を怒らせるようなことを書いていないか、誤字などがないかをいつも以上に気をつける。文字だけだと堅苦しいなと思うときにはスタンプや絵文字を使うのも良さそうですね。

■確実に「いける!」と思うまでLINEで会話する

・「断られるのが嫌なので、LINEである程度お互いに興味を持てる関係を築く」(24歳/その他/営業職)

・「緊張等はなく、確実に乗ってくるというときにしか誘わない」(38歳/情報・IT/販売職・サービス系)

特に緊張したりすることはないけれど、そうなるまでに相手との距離が縮まったと確信できるまで時間をかけるという男性も。逆に言えば、そのくらいの自信が持てなければ意中の女性を誘う勇気が出ないということなのでしょうね。

■虚勢を張って男らしく振る舞う

・「緊張はするけど、男らしくあろうと考える」(23歳/ホテル・旅行・アミューズメント/その他)

・「緊張はする。ドキドキしてまっすぐ歩くのも困難なほど。けど気丈に振る舞う」(33歳/運輸・倉庫/その他)

内心ドキドキでたまらないけれど、相手にそれを悟られないように虚勢を張って振る舞うという男性もいるようです。好きな人にはかっこ悪いところを見せたくないという男性の心理。自分に好意を持ってくれているからこそ、男らしく振舞ってくれているのだと思うと女性としてもうれしいですよね。

■まとめ

誰にでも気軽に声をかけられるタイプの男性でも、意中の女性となると、それなりに緊張したり、不安を感じるのは嫌われたくないという気持ちがあるから。そう考えると男性からのお誘いを受けたときには、女性としても真剣に対応しないと相手を傷つけてしまうこともありそう。男性から好意を伝えるLINEをもらったり、誘われたりしたときにはいい加減な態度をとらないことも大切かもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2017年3月にWebアンケート。有効回答数200件(22歳~39歳の働く男性)

お役立ち情報[PR]