お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

男子が好感を持つ! 食事デートでの女子の言動・6選

ファナティック

pak21_bistroqtableset_tp_v食事デートは、お互いのことをより深く知るための絶好のチャンス。おいしいものを食べながら、ゆったりと会話することで二人の距離も縮まりそうですね。テーブルマナーを弁えた上で所作がきれいであれば、男性からの好感度ももっと上がりそう! 今回は男性が好感を持った「女性の食事中の言動」についてご紹介します。

■お箸の持ち方

・「お箸の持ち方がきれい」(26歳/小売店/販売職・サービス系)

・「箸使いが上手で食べ方のきれいな子は、大変好感が持てます」(39歳/建設・土木/技術職)

和食に欠かせないのが「お箸」ですが、正しく使うのは、意外と難しいものです。男性たちは意外と女性の手元に注目しています。自信がない……という場合には、こっそりと練習しておくのがオススメですよ。

■残しません!

・「ご飯を一粒も残さず食べていたとき」(30歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「残さず食べること。感謝を表すとともに食べることを楽しんでいることに好感が持てる」(35歳/農林・水産/その他)

女性は小食の方がかわいいから……と遠慮しすぎるのは、実は禁物なのかもしれませんね。食材、そして作り手への感謝の気持ちを込めて完食する女性の方が、好感度が高いようです。「食べきれる分だけ注文する」ことも大切だと言えるでしょう。

■静かに食事

・「音を立てずに静かに食事できること。一緒に食事をしていて恥ずかしくないですから」(36歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「ナイフやフォークを音を立てないで静かに置く」(35歳/機械・精密機器/技術職)

食事中の様々な音は、一緒にいる人を不快にさせてしまうもの。会話を楽しむ雰囲気も、ぶち壊しになってしまいます。ズルズル・くちゃくちゃという音は、特にNG。自身の食べ方について、今一度チェックしておくと安心ですよ。

■おいしそうに食べること

・「女性だからというわけではないが、食事をおいしそうに食べてくれる女性は好感が持てる。やはり、食事の時間は楽しみたいと思うので、おいしそうに食べてくれるのは大変好感が持てる」(37歳/学校・教育関連/その他)

・「自分はよく食べるので、健康的で多く食べる女性に好感が持てる」(27歳/小売店/営業職)

せっかく一緒に食事をするのだから、とにかくおいしそうに食べてほしい! と願う男性も少なくないようです。マナーももちろん大切ですが、そればかりに必死にならないよう、余裕を持てると理想的です。

■大切な一言

・「『いただきます・ごちそうさま』を言える子は上品」(37歳/医療・福祉/専門職)

・「きれいに箸を使い、外食の場合はお店の人にも『ありがとう』が言える人」(34歳/食品・飲料/技術職)

幼い頃、家庭や学校で教わった大切な一言ですが、大人になるとつい忘れてしまうことも……。男性目線を気にしてではなく、ぜひ自分のために実践してみて。今までよりも、気持ち良く食事ができるはずです。

■相手への気遣い

・「ゴミや空いたお皿をそっとまとめてくれる人。『水いる?』などと気配りもあれば、うれしい」(30歳/医療・福祉/専門職)

・「食事が終わったあとに、俺が会計を払って『ごちそうさま』の一言があったこと。最低限のエチケットだからね」(34歳/その他/その他)

一緒に食事をするのですから、相手に対する気遣いは必須です。二人がお互いに優しい気持ちで接し合えたら、より楽しい時間を過ごせるでしょう。

■まとめ

食事中の仕草や言動で、男性に好感を抱いてもらうためには、まず最低限のマナーが必須です。「あれ、私大丈夫かな!?」と不安になったら、ぜひもう一度勉強してみて。身につけておいて損はありませんから、上品な女性を目指して頑張ってみてください。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2017年3月にWebアンケート。有効回答数220件(22歳~39歳の働く男性)

お役立ち情報[PR]