お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

すぐ許しちゃう! 誠意を感じる彼氏・夫の謝り方・6選

ファナティック

pak74_ookawagomennasai1209_tp_v-1どんなに仲がいい恋人同士や夫婦でもちょっとした気持ちの行き違いでケンカになることはありますよね。ケンカになってしまったら、きちんと謝ってわだかまりを残さないことも大事。今回は、夫や彼氏とケンカをしたあとに誠意を感じられた謝られ方について女性たちに聞いてみました。

■言い訳しない

・「言い訳をせず、素直に『ごめん』と言ってほしい」(33歳/食品・飲料/事務系専門職)

・「とにかく言い訳せずに謝ること」(32歳/建設・土木/事務系専門職)

くどくどと言い訳をするのではなく、一言「ごめん」と言ってくれるだけでいい。言い訳をして自分を正当化するのではなく、非を認めていることがわかる謝罪の一言がほしいという女性も多そうですね。

■目を見て謝る

・「目を見て謝ってくれること」(32歳/情報・IT/事務系専門職)

・「ちゃんと顔を合わせて謝ってほしい」(28歳/商社・卸/事務系専門職)

自分が悪いとわかっていても面と向かって謝罪するのは恥ずかしい。でも、メールやLINEなどで済ませようとすると余計に相手を怒らせてしまいそう。きちんと顔を合わせて、目を見て謝ることが許してもらうためにも大事なことですよね。

■悪かったところを認める

・「○○してごめん。と悪かったところを認めて謝る」(30歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

・「どこが悪かったのかを的確に謝ってくれること」(30歳/機械・精密機器/営業職)
ただ謝るだけでなく、自分のどこが悪かったのかを言ってくれると本当にそれを反省している気持ちが伝わってきそう。とりあえず謝っておけばいいという適当さがないのも許すか許さないかの分かれ目になりますよね。

■改善策を話してくれる

・「これからどうするか具体的に言う」(24歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

・「ただ謝るのではなく、どこが悪かった、今後はこうしていく、と言われると、誠意を感じる」(30歳/ホテル・旅行・アミューズメント/秘書・アシスタント職)

ケンカの原因をうやむやにしたまま、仲直りしてもまた同じことでケンカをしそう。彼から悪かったところを改めるという改善策を提案してもらえると仲直りしたあと、今まで以上に親密な関係になれる気もしますよね。

■スイーツを添えて

・「好物のケーキを買ってきて謝る」(29歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「適当じゃなくて心の底から謝ってくれたうえに、私が大好きなスイーツを買ってきてくれる」(30歳/医薬品・化粧品/秘書・アシスタント職)

物で釣られるわけではないけれど謝罪の気持ちを表すためには、好きなスイーツなどを買って謝りに来てほしいという女性も。どうやって謝ろうか考えながらスイーツを選ぶ姿を想像するだけで、かわいいなと思えそうですね。

■きちんと話し合いをする

・「まずは、私の意見を聞いてくれる、肯定してから自分の考えを話してくれるところ」(32歳/団体・公益法人・官公庁/秘書・アシスタント職)

・「ちゃんとお互いの意見を踏まえた上で、妥協案を考えてくれる」(24歳/食品・飲料/営業職)

今後もケンカを繰り返さないためにはどうすればいいのか、お互いが納得するまで話し合う姿勢を見せてほしいという人も。その場だけを収めるのではなく、長く付き合っていきたいという彼の誠意が伝わってきそうですね。

■まとめ

ケンカするほど仲がいいとはいうものの、やはりケンカのあとの気まずさはできれば経験したくないもの。まずは、ケンカにならないように日頃からお互いへのストレスを溜めこまないことも大事かもしれませんね。それでもケンカになってしまったら意地にならずに悪いところを認めて謝ることも必要。相手が心からの謝罪をしているなと思ったら、素直にそれを受け入れてあげることも大切ですよね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2017年1月にWebアンケート。有効回答数129件(23歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]