お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

仕事が忙しいとき、「彼女に言われたら、救われる一言」6つ

ファナティック

saya071134715_tp_v-6

社会人になれば、自分の意志とは関係なく、忙しくなってしまうのは仕方のないことだと身にしみてわかるはず。だから、もし彼氏が忙しくて、なかなかかまってくれないときも、責めてはいけないこともわかりますよね。では、そういう状態に置かれたとき、どんな対応をとってほしいと男性は思っているのでしょうか。その本音に迫ってみましょう。

■ちょっと寂しそうに

・「LINEなどで寂しそうな発言をされると、うれしくなる」(25歳/学校・教育関連/販売職・サービス系)

・「『暇になったら、私の相手してね』。ちょっと拗ねてる感じで言われると、うれしくなる」(22歳/その他/その他)

「寂しい! すぐにでも会いに来て!!」と忙しいときに無理なお願いをされたら、男性も困ってしまうでしょうが、かわいい伝え方なら、キュンとして愛しさが増すのでしょうね。

■無理はしないで!

・「『無理しないで』と労う言葉をもらったとき」(27歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「『無理しないでいいよ』と言ってほしい」(24歳/その他/その他)

社会人同士だからこそ、本当に忙しいときはプライベートのための時間が一切取れなくなってしまうのもわかりますよね。そんな中、無理に自分のための時間を取らないでほしい、無理をしてまで仕事をしないでほしい、と伝えたら、彼も心の余裕が生まれるかもしれませんね。

■仕事を優先してね!

・「私のことはいいから、仕事を優先してと言われると、うれしい」(23歳/商社・卸/営業職)

・「私はいいから、今は仕事頑張って」(28歳/電機/技術職)

本当は彼のほうだって、恋人と会いたい気持ちはあるのです。女性だって、忙殺されているときこそ、彼に会って癒されたいと切望しますよね。だからこそ、「仕事を優先してね」と優しく言われると、「早く会うために頑張ろう!」と思えるのでしょう。

■頑張ってるね!

・「『仕事頑張ってるね』などの一言はうれしい」(29歳/不動産/営業職)

・「『頑張り時だよ』と逆に励まされたとき」(27歳/不動産/その他)

職場だとなかなか自分の頑張りを認めてくれる人がいそうでいないもの……。そんな中、彼女にだけでも「頑張ってるね!」と声をかけてもらえたら、心の疲労感も軽減されるかもしれません。

■仕事が片付いたら

・「仕事が落ち着いたらでいいから、会いに来てね」(26歳/商社・卸/事務系専門職)

・「『仕事が終わったら、いっぱい遊ぼうね』と言われると、頑張れる」(23歳/その他/その他)

仕事が忙しくてどうしようもないときこそ、「この繁忙期が終わったら……」と夢を見たくなるもの。彼女に繁忙期後のデートの話など、楽しい話題を振られたら、仕事も早く片付くでしょうね。

■お疲れ様!

・「『いつもお仕事お疲れ様』という気遣い」(28歳/その他/その他)

・「『お疲れ様』と一言だけでいいので、労わってほしい」(25歳/機械・精密機器/技術職)

毎日会うことはできなくても、仕事が終わったころ、毎日「お疲れ様」の一言を愛すべき彼女にもらえたら、「今日も一日頑張ってよかったなぁ」と彼も思ってくれるはず。

■まとめ

仕事が忙しくてなかなか彼がかまってくれないと、ついキツイ言葉で責めたくなるときもあるでしょうが、そこは社会人ならグッと我慢! 逆に彼を癒す言葉を意識的に伝えて、二人の絆をさらに強いものへ進化させていきたいですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2017年1月にWebアンケート。有効回答数304件(22歳~39歳の働く男性)

お役立ち情報[PR]