お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

LINEの返事をもらうには? そっけない男の心理と対処法

織田隼人(心理コーディネーター)

「そっけない男性」にLINEの返事をもらうコツ

では、こうしたそっけない態度を取るような男性から、スムーズにLINEの返事をもらうにはどうすればよいのでしょうか? LINEの返事をもらうコツを探っていきましょう。

★「そっけない男性」が送るLINEの特徴って?

そっけない態度を取る男性が送りがちなLINEのメッセージには、どのような特徴があるのでしょうか? 女性たちにそっけないと感じたLINEの内容について聞いてみました。

pexels-photo

(1)「うん、はい」といった相槌だけの返事

・「『うん』など、返信に困る内容を送ってくる」(女性/23歳/学校・教育関連/専門職)

・「うん。はい。など、返事のみのLINE」(女性/28歳/医療・福祉/専門職)

・「質問に対して単純にその答えしか返事がないとき」(女性/26歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

意思だけが伝わればいいのでは? と思い、「うん、はい」などと相槌だけを送る男性もいますが、女性としてはそっけない返事に感じてしまいます。会話もそこで止まってしまい、続かなくなってしまいますよね。

(2)絵文字やスタンプがまったくない

・「スタンプなし、絵文字顔文字なし、の無味乾燥な文章」(女性/32歳/その他/秘書・アシスタント職)

・「シンプルな短文で絵文字などがない」(女性/28歳/医療・福祉/販売職・サービス系)

・「絵文字も句読点もほとんどなく文字だけ」(女性/30歳/学校・教育関連/秘書・アシスタント職)

文字だけの無機質なLINEは冷たく感じてしまうもの。感情などがほとんど伝わってこないため、そっけないと思うのかもしれません。

(3)必要最低限のやり取りのみ

・「用件のみのLINE」(女性/31歳/情報・IT/その他)

・「必要最低限の連絡のみ」(女性/28歳/情報・IT/技術職)

・「用件だけの文章や会話。普通の会社の連絡みたいになっているので、悲しい感じがします」(女性/31歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

LINEで用件だけやり取りする場合も、そっけないと感じるのではないでしょうか。事務的な内容だけではなく、もう少しお互いに興味を持った会話をしたいと思っている女性は少なくないはずです。

◎男性のそっけないLINEまとめ

LINEであれこれ馴れ合った文章を送るのが苦手、という男性は多いのかもしれません。とはいえ、短文や用件だけのやり取りでは、相手の気持ちがわからず不安にもなってしまいますよね。女性たちは、もっと自分に興味を持ったLINEを送ってもらいたいという願望があるようです。

★専門家が伝授! 「そっけない男性」にLINEの返事をもらうには?

そっけない男性にLINEの返事をもらうコツはあるのでしょうか? 織田隼人さんに教えてもらいました。

pexels-photo

そっけないLINEへの対処法はメッセージで頑張ることではなく、『通話』することです。LINEのメッセージだとどうしてもやりとりが可視化されてしまうので、女性が頑張れば頑張るほど、女性側の分量が多くなり、男性側の分量が少ないやりとりになるもの。そして、その差のせいでお互いのテンションが下がります。一方、通話だと会話の分量が可視化されないので、そっけないLINEには『電話して良い?』とスタンプを貼りながら伝えて通話に持ち込むようにしましょう。

また、そっけない男性からLINEの返事をもらうにはしっかりと『用事』を伝えることが大切です。一番良いのは、いきなりデートの誘いをすることです。『おいしいお魚のお店を聞いたので、来週一緒に行きませんか?』のようにデートの行き先(できれば彼にとっても嬉しい何かを入れる)を指定して、時間も決めるように促せば『用事』なので返事を返さざるを得なくなります。

残念ながらそれでも返事がなければ脈なしですが、誘われて少しでも嬉しい男性であれば(誘いに)乗ってきますし、恋愛では脈あり・なしも含めてわかった方が次の段階に進めます。恥ずかしがらずにデートの誘いをしてみましょう!」

次ページ:寂しい思いをする前に! そっけない彼氏の態度を変える方法はある?

SHARE