お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

早く帰りたい……女性が「2度目のデートはない」と思った瞬間・4つ

ファナティック

気になっていた彼との初めてのデートは、2人の今後を大きく変える重要なものです。できれば次につながるようにがんばりたいところですが、中には、「もう2回目のデートなんて絶対にイヤ」と思うようなことも……。では、一体どんなことがあって、「2度目のデートはナシ」と判断したのか、女性たちに実体験を教えてもらいましょう。

居酒屋の男女

会話が楽しくない

・「あまり話が盛り上がらないときはそう思う」(28歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

・「話が合わない人、自分のことばかり話す人」(33歳/金融・証券/事務系専門職)

どんなに見た目が好みでも、会話が盛り上がらず、一緒にいても楽しくなかったら、付き合っても長続きしなさそうですよね。

食事の仕方が汚い

・「食事のマナーが悪く、一緒に食事するのが恥ずかしかったとき」(24歳/建設・土木/技術職)

・「食べ方が汚いのは絶対に無理。ケチくさい」(24歳/医療・福祉/専門職)

食事のマナーがまったく身についておらず、一緒に食事をしているだけなのに不快感を覚えるような相手とは、二度と一緒にテーブルを囲みたいとは思わないでしょうね。

価値観がちがう

・「ランチに2,000円かかるお店に気軽に入るとか、あまりにも自分の金銭感覚とずれている人」(30歳/医療・福祉/事務系専門職)

・「育ち方や価値観がちがうとわかった人」(25歳/医療・福祉/専門職)

一日一緒にいれば、いえ、数時間でも、価値観のちがいというのは見えてくるはず。価値観のズレが大きければ大きいほどストレスが増えてしまいそうです。

段取りが悪い

・「グダグダな内容のデート。すべて私任せで、決めてくれないし、なよなよしていて、イライラしてしまった」(28歳/電機/事務系専門職)

・「ご飯を食べに行ったときに、少しおどおどして、店員さんを呼ぶのに手こずっていたこと。頼りなく感じた」(34歳/医薬品・化粧品/技術職)

きちんとエスコートできないだけではなく、段取りが下手だと、ガッカリしてしまうこともあります。

まとめ

初回のデートがうまくいったら、2回目、3回目と回数を重ね、交際に至ることができるでしょう。しかし、初回にも関わらず、どうしても彼に対して気になる面があって、気持ちが冷めそうであれば、それは無理をしないほうがいいかも。次の恋を探しに行くのもひとつの手ですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2017年1月12日 ~1月13日
調査人数:126人(22歳~34歳の働く女性)

※この記事は2017年01月31日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE