お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

気をつけて! 社内恋愛をするとき「覚悟すべきこと」5つ

ファナティック

毎日仕事をしている「職場」は、社会人男女の出会いの場になることも。いわゆる社内恋愛ですね。毎日顔を合わせ、親密な関係を築いている一方で、社内恋愛ならではのデメリットもあります。最初から覚悟を決めておくことで、ダメージを少なくできるのかも……? 社内恋愛をするときに覚悟するべきことについて、男性たちの意見をリサーチしてみました。

af0100037844m

(1)噂話をされる

・「会社の中で噂になったり、会社の人にいじられること」(27歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

・「少なくとも噂になる程度は覚悟しなければならない」(23歳/その他/クリエイティブ職)

社内恋愛の場合、少なくとも最初の内は、二人の関係を内密にする方も多いことと思います。しかし秘密を隠し通すことは困難で、いずれバレてしまう可能性も大――! 恋する二人が職場にいたら、周囲の噂の的になるのは避けられないでしょう。

(2)嫉妬をしない

・「嫉妬をしないこと。せめて出張時は干渉しないであげること」(32歳/自動車関連/営業職)

普通のカップルよりも、お互いの生活に目を光らせやすい立場だからこそ、「無駄な嫉妬はしない」と覚悟を決める必要もありそうですね。ずっと一緒にいて束縛され続けたら、嫌になるのも当たり前。広い心を身につけてください。

(3)別れても顔を合わせる

・「万が一、別れたとしても常に職場で顔を合わせることになること」(29歳/運輸・倉庫/専門職)

・「別れることになったときに周囲から原因を推測される」(28歳/その他/その他)

幸せなときに「別れ」を考えるのは難しいかもしれませんが、社内恋愛においては大切なこと。もしも別れてしまったら、二人の関係、そして周囲の目線はどうなるのか。納得し、覚悟を決めた上で関係をスタートさせられるといいですね。

(4)転職することになる可能性

・「どちらかが転勤、退社などを覚悟する。うまくいっているときはいいが、そうでないときに仕事に支障が出そう」(36歳/機械・精密機器/技術職)

・「職場にバレたときにどちらかが左遷や退社をすること」(22歳/その他/その他)

単に「別れて気まずい」だけで済まない可能性もアリ……!? 特に社内恋愛を認めていない企業に勤めている場合は、注意してください。曖昧なままにしておくと、恋も仕事も失ってしまいます。

(5)結婚を前提に

・「結婚まで考えた前提で付き合う覚悟はいると思う」(33歳/その他/販売職・サービス系)

・「本当に結婚までゴールインできる相手なのかどうか。中途半端に付き合って別れるととても気まずい」(33歳/医薬品・化粧品/営業職)

社内恋愛のデメリットを限りなく小さくする方法があるとしたら、こちらです。結婚にまで行き着くような真剣な恋であれば、さまざまなハードルも乗り越えていける可能性が高いです。社内恋愛をする際には、結婚を前提として! 慎重な判断をするのがオススメですよ。

まとめ

働く男女の出会いの場として、非常に身近なのが「職場」ですが、社内恋愛をする上では、やはり覚悟しなければならないことも多いと言えそうですね。「それでもいい!」と思えるような相手と出会えたら、ぜひ一歩踏み出してみてくださいね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2017年1月にWebアンケート。有効回答数184件(22歳~39歳の働く男性)

お役立ち情報[PR]