お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 結婚

彼氏に「結婚を決断させる方法」を専門家が解説

ファナティック

男性が結婚を決断する瞬間

03

それでは、男性が結婚を決断するのはどんな瞬間なのでしょうか。未婚男性のみなさんに、結婚したいと思うタイミングと結婚相手に譲れない条件について教えてもらいました(※1)。また、既婚者を中心とした男性のみなさんに、今のパートナーとの結婚を決断した理由について聞いてみました(※2)。

男性が結婚したいと思うタイミング

仕事が落ち着いたとき

・「仕事が落ち着いて、ある程度のゆとりができたとき」(33歳未婚男性/食品・飲料/その他)

・「仕事にそろそろ慣れた、ポストが一つ上がったなど」(30歳未婚男性/小売店/販売職・サービス系)

自分の仕事がひと段落ついたときに結婚を考える男性もいるようです。仕事を大切にしている男性ほど、仕事と恋愛の両立が難しいのかもしれません。

経済的に安定したとき

・「自分の収入、経済的に安定したときがベスト」(32歳未婚男性/建設・土木/その他)

・「自分が経済的にも精神的にも安定してきたとき」(31歳未婚男性/その他/その他)

結婚するということは、自立するということ。経済面が安定しないうちは、なかなか結婚を考えられないようです。

お互いのことを理解できたとき

・「お互いのことがわかり、この人となら一緒に生活できると思ったとき」(34歳未婚男性/その他/その他)

・「お互いのことを知り尽くしたとき」(31歳未婚男性/食品・飲料/その他)

長い人生をともに歩んでいく相手のことは、ちゃんと知っておきたいですよね。女性のことをちゃんと理解できたと思ったときに、結婚を考える男性もいました。

ずっと一緒にいたいと思ったとき

・「この人とならずっと一緒にいてもいいと思ったとき」(34歳未婚男性/情報・IT/事務系専門職)

・「この人と一生一緒にいたいと感じたとき」(34歳未婚男性/建設・土木/技術職)

彼女とずっと一緒にいたいと思ったときに結婚を考えるという意見。結婚のためには、男性に居心地のよさを感じてもらうことが大切なようです。

男性が結婚相手に譲れない条件

金銭感覚

・「金銭感覚が合う人。金銭感覚がずれているとのちのち大変になるから」(38歳未婚男性/小売店/販売職・サービス系)

・「お金の使い方。極度な無駄遣いする人とは絶対にうまくいかないと思うから」(22歳未婚男性/建設・土木/技術職)

お互いの金銭感覚が違いすぎると、結婚してから苦労することもあります。お金に対する価値観が近い人のほうが、結婚相手には好ましいのかもしれません。

料理ができる

・「料理が趣味で料理が上手であること。本当に、毎日おいしい食事を作ってほしい」(26歳未婚男性/商社・卸/販売職・サービス系)

・「料理がうまい女性。毎日奥さんの料理を食べることになるから」(38歳未婚男性/金融・証券/専門職)

結婚したら、奥さんの手料理を食べることに憧れを抱いている男性も多いようです。料理が苦手だと感じている女性は、少しずつレパートリーを増やしていきたいですね。

嘘をつかない

・「嘘や浮気をしないことは絶対条件です」(34歳未婚男性/運輸・倉庫/販売職・サービス系)

・「嘘をつく女性は本当に対象外」(38歳未婚男性/通信/営業職)

お互いに信頼関係を築けなければ、安心して結婚生活を続けていくことができません。平気で嘘をつくような女性のことは、信頼できませんよね。

自分の趣味を受け入れてくれる

・「自分の趣味の時間を確保しても許してくれること」(27歳未婚男性/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)

・「自分の好きなものや趣味を尊重してくれなければ結婚できない」(35歳未婚男性/その他/その他)

結婚すると、独身時代と比べて自由が制限されてしまうもの。そんな中でも自分の趣味だけは許してほしいと思う男性も多いようです。

男性が結婚を決断した理由

彼女に押されたから

・「押しの強い女性が現れたことが理由となった」(36歳男性/小売店/営業職)

・「彼女がすごい押す人だった。彼女の意見で同棲、結婚まであっという間でした」(36歳男性/機械・精密機器/技術職)

自分はあまり結婚する気がなくても、女性が結婚する気満々だと、その気迫に負けてしまうこともあるようです。

趣味が合ったから

・「知らない国で共通の趣味を持った人と出会ったことが理由だと思う」(38歳男性/その他/事務系専門職)

・「とてもオタクな友だちで結婚する様子がなかったが、職場で趣味の合う女性と出会ったらしい」(33歳男性/団体・公益法人・官公庁/技術職)

共通の趣味を持つ女性と出会うと、結婚後の楽しみが増えて、早く一緒になりたいと感じるのかもしれません。

適齢期が近づいて

・「婚期が迫ってきていて急いでいたから」(27歳男性/自動車関連/技術職)

・「ズバリ年齢。年を取ってくると焦って気持ちが変化するようだ」(32歳男性/アパレル・繊維/クリエイティブ職)

男性の中にも「婚期」を意識している人がいました。今までは結婚に興味がなかった男性も、年齢を重ねることで結婚したいと思うようですね。

仕事をきっかけに

・「転勤が決まったのをきっかけに結婚した」(38歳男性/情報・IT/技術職)

・「転職したから。ステータスが向上した」(38歳男性/電機/技術職)

自分の仕事を転機に、結婚を決意する男性も少なくないようです。特に収入面で自信が持てるようになると、結婚を前向きに考えられるのでしょうね。

妊娠したから

・「できちゃった結婚。やっぱり、子どもができたら責任を取ることが多いと思う」(34歳男性/情報・IT/営業職)

彼女に子どもができたから、責任を取って結婚を決めたという男性もいました。なかなか結婚が決断できない男性も、妊娠をきっかけに覚悟を決めることは多そうです。

次ページ:結婚を決断しない彼氏を説得する方法

お役立ち情報[PR]