お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 結婚

彼氏に「結婚を決断させる方法」を専門家が解説

ファナティック

結婚を決断しない彼氏を説得する方法

04

なかなか結婚を決断しない彼氏を説得するには、どうすればいいのでしょうか。夫婦円満コンサルタントの中村はるみさんに教えていただきました。

結婚したがらない男性の説得方法

中村:彼の結婚観によって説得方法は変わりますが、ここでは結婚したがらない男性を4つのタイプに分けて解説します。

夢や目標があるタイプ

将来起業したいと思っているなど、目標を持っているタイプの男性です。中には夢を追うのが忙しく、いつの間にか40代や50代になってしまう人もいます。このタイプの男性には、できる男は夢を叶えながらも結婚していることを伝えましょう。あなたとの結婚が、彼の夢を実現するためのモチベーションアップにつながるようなアプローチ方法がおすすめです。

経済的自信がないタイプ

このタイプは2つに分かれます。まず弁護士や公認会計士などの士業の試験に受かっていない場合は、彼が就職できるまで待ってください。就職できない場合、結婚はあきらめてもよいでしょう。収入が低かったり、今の会社に不安があったりする場合は、「二人で支えあって生きていこう」「二人で働けば大丈夫」だと伝えてあげてください。

自由でいたいタイプ

「自分の時間を邪魔されたくない」「一人のほうが楽」というようなタイプの場合、あなた自身が経済力をつけて、彼が結婚しても自由でいられることを伝えましょう。

結婚の必要性を感じていない

今はコンビニで24時間食事を購入できたり、お掃除ロボットが売られていたりして、男性にとって結婚するメリットが低い時代です。しかし、仲のよい友人が結婚したり、自分が病気になったり、子どもがほしくなったりといった「あるタイミング」が訪れると、身近にいる「一緒にいて心地よい女性」と結婚する傾向を持っています。このタイプにはきっかけが必要です。時期を待つこともありですが、あなたの結婚時期も考慮する必要があります。

結婚したがらない男性へのNG行動

中村:結婚したがらない男性に対して、以下の行動をしてはいけません。

(1)遠まわしに「結婚したい」と言う
(2)具体性のない結婚話をする
(3)依存するような発言
(4)指示や命令
(5)仕事やプライベートに口出しする
(6)結婚してほしいと追い込む

男性は自分のペースで結婚を決断したいものです。あなたが無理に説得したからといって、必ずしも成功するとは限りません。結婚という言葉に振りまわされずに、まずは自分が「なぜ結婚したいと思うのか」を考えましょう。そして彼の性格や本質を把握し、彼が何を求めているか、どんな日常を送りたいか推測し、それにあなたが応えられるのかを確認してください。

なかなか結婚してくれない彼氏を待つことに問題はありませんが、結婚する気のない彼氏にすがりつくことはNGです。将来をしっかり考えください。男性は大勢います。未練は断ち切って新しい出会いを探すもよし「見合い話が来た」ときっかけを作るもよし。後悔しないようにあなたの人生のハンドルはあなたが握ってください。

次ページ:まとめ

お役立ち情報[PR]