お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

やりすぎに注意? 「鍋パ」でモテる女子の気配り・6つ

ファナティック

%e9%8d%8b

みんなで鍋を囲むとき、女性としては「気を配ったほうが印象が良さそう」と思うものの、出しゃばりな気もして「どこまでやればいいのか?」で悩むもの! そこで鍋パーティーをするときに「好印象な女性の気配りや対応」について、社会人男性に教えてもらいました。

(1)好みを聞いてから取り分けてくれるとうれしい

・「一人一人何が好きかを聞いて、注文して鍋に具材を入れていく」(36歳/その他/その他)

・「皿を分けてくれたり、『何が食べたい?』と聞いてきて、食べたいものを取ってくれること」(36歳/運輸・倉庫/その他)

鍋メンバーの中には「実は好き嫌いが多い人」がいる場合もありますよね。よく知らない人がいるなら、好みを聞いてから取り分けるのがまずは安心?

(2)薬味はセルフサービスにしてほしい?

・「レモンとか柚子を無断でかけないで、自分の好きなように味付けさせてくれる子は立派だと思います」(32歳/その他/その他)

・「色々な薬味を用意するやつは信用できる」(39歳/機械・精密機器/事務系専門職)

鍋にどんな薬味を合わせるのが好きかは、本当に人それぞれ。鍋にかける薬味は種類だけ用意だけしておき、それぞれ勝手に選んでもらう方法が無難かもしれません。

(3)全体を見て、さりげなく気配りしてほしい

・「取り分けたり皿を配ったりと、細かなところに気がつくこと」(32歳/商社・卸/営業職)

・「さりげなく皿を取りやすい位置に持ってきてくれたり、飲み物が倒れたりこぼれたりしないような場所にサッと移動させる」(34歳/その他/その他)

鍋パーティーでは取り分けはもちろん、お皿を下げたり配ったり移動させたりと色んな配慮が必要。全体に目を配り、気づいたら「さりげなく動く」と好印象です。

(4)進んで動いてくれる人が好き

・「進んで動く。野菜切るところからよそうこと、洗い物までやってくれる」(32歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

・「しばらくたってから水の量を気にしたり、テーブルにある材料が全体的に少なくなってきたのを気にしたり、シメを意識して動く人」(37歳/情報・IT/技術職)

鍋を普段から作り慣れているなら、鍋を作ってから食べ終わった後の流れまで、きちんと頭に入っているはず。その流れに従って、率先して動けば「気が利く女子」の完成?

(5)こまめにあくを取ってくれる

・「こまめにあくを取ったり、ビールが足りない人を見たら即座にお酌してくれる」(26歳/商社・卸/事務系専門職)

・「あくを取ってくれる。どれが食べごろか教えてくれる」(38歳/その他/事務系専門職)

鍋奉行がいるならうかつに手を出すと怒られますが、そうでないならこまめにあくを取ってあげると好印象。メンバーを見つつ動くとベストかもしれません。

(6)最初の一杯目だけ取り分けてくれればいい

・「最初の一杯だけ取り分けてくれる。使わなくなったものをさりげなく片付けている」(35歳/医療・福祉/専門職)

・「最初の一杯目をよそってくれる」(33歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

またマイペースで鍋を楽しみたい男性は、よそうのは最初の一杯目だけでいいのだそう。全員こうだと女性も楽なんですが……。

<まとめ>

鍋パーティーはメンバー次第で「どう動けば好印象か」が変わってくるため、適切に気配りするのが難しい! 普段から気の許せる友だちだけ呼び、鍋パーティーしておけば、「いい気配りのコツ」もつかみやすくなるかもしれませんね。上記意見もぜひ参考に!

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2017年1月にWebアンケート。有効回答数391件(22歳~39歳の働く男性)

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE