お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

オッサンかよ! 彼女に「オンナ、捨てすぎ」だと思った時・6選

ファナティック

%e3%83%81%e3%83%a7%e3%82%b3恋人と一緒にいる時間が長くなってくると、お互い相手に遠慮をしなくなってくるもの。でも女性らしさを忘れてしまうと、彼に飽きられてしまうこともありそうですよね。男性が、パートナーに「もっと女らしくしてよ」と思ってしまったことを、こっそり打ち明けてくれました。

クシャミが大きい

・「クシャミがでかい」(31歳/その他/その他)

・「おっさんみたいなクシャミをしたとき」(33歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

最初はかわいらしい小さなクシャミをしていたのに、慣れてくると、クシャミにも遠慮がなくなってくるものですよね。あまりにも大きな声でされると、まるでおじさんのように感じますよね。

スカートをはかない

・「たまにはスカートとかはいてほしいと思ったとき」(37歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

・「ズボンばっかりでスカートをはいてくれない生足の露出が見たいから」(24歳/小売店/販売職・サービス系)

スカートをあまりはかなくなってしまうと、女性らしさを感じないものかもしれませんね。たまには生足を見せてほしいと願っている男性も多そうですね。

いつもすっぴん

・「化粧をまったくしなくなったとき」(26歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

・「ノーメイクでデートに来たとき」(29歳/医療・福祉/専門職)

最初の頃はバッチリメイクで決めていたのに、一緒にいると、ついすっぴんでいることも多くなってしまうもの。さすがにデートのときぐらいはお化粧していないと、彼もガッカリするのでは。

家でくつろいでるとき

・「横になってテレビ鑑賞、かつお菓子ばりばりと食う」(32歳/その他/その他)

・「家でくつろいでるときに倒れながらお尻をかいてる姿」(31歳/その他/その他)

家でゴロゴロくつろいでいる姿を見て、もう少し女性らしくしてほしいと思う男性もいるようですね。いつでも横になっている姿を見ると、さすがに色気を感じることもありませんものね。

太った

・「太っているのにまったくダイエットする気がなくてもう少し自分を自覚してほしいなぁと思った」(36歳/その他/その他)

・「体重30キロ増」(34歳/情報・IT/技術職)

付き合い始めた頃よりも、明らかに太ってしまった彼女に、もう少し痩せてほしいと思う男性も。ぽっちゃりぐらいならかわいいけれど、それを超えて、不健康に見えてしまうとアウトかもしれませんね。

裸でウロウロする

・「風呂上がりに裸でウロウロとすること」(35歳/機械・精密機器/技術職)

・「家で裸でお風呂から出てきたり、おならやげっぷをいっぱいする女性は萎えた」(24歳/アパレル・繊維/営業職)

いくら慣れてきたからといって、裸でウロウロされてしまうと、男性も萎えてしまうものではないでしょうか。恥じらいを忘れてしまうと、女性扱いされることもなくなりそうですよね。

まとめ

一緒にいると、つい普段の自分の姿を見せてしまって、彼をガッカリさせてしまうこともあるもの。誰にも見せない姿を彼だけに見せるのはかわいいですが、行き過ぎて女性らしさを忘れると、彼から見放されてしまうかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年12月にWebアンケート。有効回答数393件(22歳~39歳の働く男性)

※この記事は2017年01月16日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE