お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 金銭感覚

衝撃っ! 「金の切れ目が縁の切れ目」エピソード・5つ

ファナティック

お金の貸し借りには、必ずトラブルがつきまといます。いくら親しい友人でも、できればそんなトラブルは避けたいですよね。でも中には「金の切れ目が縁の切れ目」を実感したことがある人もいるようです。どんなことでそう思ったのか、女性のみなさんにエピソードを詳しく聞いてみましょう。

freee151108298700_tp_v

■友達にお金を貸したら音信不通

・「友達にお金を貸してほしいと頼まれたときに断ったら、その後一切連絡がこなくなった」(25歳/その他/事務系専門職)

・「お金を貸した友達に、これ以上はもう貸せないと言ったら連絡が取れなくなった」(29歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

友達からお金を貸してほしいと言われて断ったり、実際に貸したりした後に連絡が取れなくなった、というケースは多いよう。お金のことで友人関係が崩れてしまうのは残念ですが、まさに「金の切れ目が縁の切れ目」と言えそうですね。

■彼氏に「お金貸して」と言われて……

・「知人の話だけど、彼氏が彼女に借金を頼んだところ断り、そこからケンカになって別れた」(33歳/不動産/専門職)

・「友人の話です。借金癖のある彼氏に、数万円単位で貸していた友人が、『もう貸すのはやめるから、しっかりして』と彼に伝えたら、逆に振られたらしい」(33歳/食品・飲料/事務系専門職)

彼氏にお金を貸してほしいと言われたときに、断ってケンカになって別れたり振られたりした、という人もいるようです。彼氏に借金癖があると、常にお金のことでケンカが絶えなさそうですよね。振られたとしても、別れて正解だったのかも?

■彼氏に貢いでいたら捨てられた

・「友人が同棲して、彼に貢ぎに貢ぎお金がなくなったら捨てられていた」(28歳/医薬品・化粧品/販売職・サービス系)

・「いろいろ貢いでた年下彼氏に、もうお金ないし買えないよと言い出したら、『もういいよ。ケチ女なんて嫌いだ』と言い出して別れようと言われひどいと思ったから」(24歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

お金を貸すのではなく、彼氏に貢いでいてお金がなくなったときに捨てられた、というパターンもありました。貢いでいた彼女にも問題はありそうですが、散々貢がせておいて「ケチな女なんて嫌いだ」と言われるのは、ちょっと許せないですよね。

■会社が傾いた瞬間に……

・「友人は金遣いの荒い男性にこびておごってもらっていたが、会社が倒産した途端、男性の連絡先を消した」(32歳/学校・教育関連/事務系専門職)

お金が原因で彼氏に振られるのではなく、女性のほうから付き合いをやめたというエピソードもありました。お金持ちの男性の会社が傾いた瞬間に乗り換えたり連絡先を消したりと、そのフットワークの軽さには驚きですよね。

■愛情が冷めた

・「これまで付き合っていた仲のいい男の子がいたのですが、その人がお金を稼げなくなった瞬間に愛が冷めた」(27歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「年収250万だから一生フルで働いてくれと言われたことがあり、それまではその男性とは付き合ってもいいかなと思っていたが、それを言われた瞬間さーっと冷めた」(34歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

男性がお金を稼げなくなったり、一生フルで働いてほしいと言われたりしたときに、愛が冷めたというリアルなエピソードも。将来を考えたときに相手の経済力を最優先する場合は、こういう縁の切れ目もあるのかもしれませんね。

■まとめ

友達にお金を貸したら音信不通になったり、お金持ちの男性の会社が傾いた瞬間にほかの男性に乗り換えたりなど、どれもインパクトのあるエピソードばかりでした。お金の問題は友人関係だけではなく、すべての人間関係が壊れてしまう可能性が高いもの。お金のトラブルでもめないように、これらのエピソードを反面教師としたいですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年12月5日~2016年12月25日
調査人数:104人(22~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]