お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

浮気かよ!? 彼氏の家で「女性がドン引きしたこと」4つ

ファナティック

彼の自宅での「お家デート」が好き、という人も世の中には多いと思います。しかし中には、ワクワクしながら行った彼の部屋で、イヤなものを見てしまう人もいるようです。今回は、実際に女性たちが彼の部屋でドン引きしたことについて、お話を聞いてみましょう。

女性に怒られる男性

部屋が汚かった

・「部屋が汚くて、独特なニオイがしたとき」(27歳/医療・福祉/専門職)

・「部屋が汚い。こんなところでよく生活できるなと引いた」(27歳/学校・教育関連/事務系専門職)

ドアを開けた瞬間に部屋が汚いと、一気にテンションが下がりますよね。彼女が来るとわかっていながら汚くしておくなんて、だいぶショックです。

室温を調整してくれなかった

・「女性のほうが寒がりなのに、寒くないか聞かず、室温が寒いまま過ごした」(34歳/医療・福祉/専門職)

寒い・暑いの感じ方は人それぞれ。だからこそ、お客さんの立場である彼女に「寒くない?」などの一言がほしいところですが、そんな気が回らない男性もいるようです。

元カノにまつわるものを発見した

・「元カノの私物をいまだに捨てられずにとっておいていた」(29歳/情報・IT/クリエイティブ職)

・「元カノのプレゼント。手紙つきで保管されていたときは頭にきた」(28歳/自動車関連/事務系専門職)

元カノにまつわるものを捨てられない気持ちまではわかっても、それを彼女の目につくところへ出しっぱなしにしておくのは、さすがに無神経ですよね。

ほかの女性の影を感じた

・「高い女性用の化粧水が置いてあった」(30歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

・「部屋が汚すぎる。女物が置いてあった」(29歳/自動車関連/事務系専門職)

元カノグッズなら百歩譲って許すことができても、ほかの女性の気配がするものを見て見ぬふりはできませんね。その女性がわざと目につくところへ置いたのかもしれませんし、すぐにでも彼を問いただすべきでしょう。

まとめ

お家デートは、ただ楽しいだけではなく、彼の知らなかった一面を知るチャンスでもあります。自分のテリトリーの中では、誰だって素の部分が出やすいもの。だからこそ、彼の部屋であまりにも許せないことがあったら、彼との今後の関係を考え直してみてもいいかもしれません。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年12月27日~12月29日
調査人数:110人(22~34歳の女性)

※この記事は2017年01月15日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE