お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

サシ飲みデートで「本命の女性だけにすること」6つ

ファナティック

気になる男性と飲みに行くチャンスを得たら、ここぞとばかりにアピールしようと気合いが入りますよね。そう思うのは、女性だけではなく、男性も同じです。今回は男性たちに、本命の女性と2人きりで飲みに行ったとき、その相手にだけすることを教えてもらいました。

サシ飲みデート

近い距離に座る

・「相手のパーソナルスペースに入ろうと接近する」(33歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

・「向かい同士ではなく隣同士で座り、距離を縮める」(31歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

相手のパーソナルスペースに入ることができたら、物理的な距離だけではなく、心の距離も縮まりそうですよね。グッと距離を詰めたくなる気持ちもわかります。

紳士的に接する

・「すごく紳士的に振る舞って、決してあせらないこと」(39歳/その他/その他)

・「料理を取りわけたりドアを開けてあげたりする」(39歳/情報・IT/技術職)

レディーファーストや、細やかな気遣いは決して忘れない男性も。そうすることで、女性からの好感度も高まりますよね。

相手を褒める

・「やはり相手のいいところを褒めちぎる」(31歳/機械・精密機器/その他)

・「容姿や髪型を褒める。芸能人に似ていると言う」(27歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

いいところを褒めてもらうと、女性としても悪い気はしないですよね。あまりにもわざとらしい褒め方でなく、自然に褒めてもらえたら、さらに好感度はアップするでしょう。

本音を打ち明ける

・「本音の話。どうでもいい子には絶対にしない」(37歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「自分の弱いところを見せて、本気で話すこと」(31歳/情報・IT/その他)

うわべだけの会話ではなく、本当の自分の考え方をさらけ出すのは勇気がいりますよね。相手のことが好きで、自分のことを知ってほしいと思っているからにほかなりません。

飲み代をおごる

・「豪快におごって、こちらも豪快に飲んで楽しむようにする」(39歳/警備・メンテナンス/営業職)

・「お会計のときに、さりげなく2人分払ってあげる」(35歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

本気の相手だからこそ、しっかり飲み代をおごってあげようとするようですね。こういうところに好感を抱く女性も多いはずです。

次回の約束をする

・「次に繋がるように予定を聞くこと」(37歳/警備・メンテナンス/販売職・サービス系)

本命だからこそ、1回きりで終わらせたいと思っているわけがありません。好きな相手なら、その日のうちに次回の約束を取りつけておきたいのでしょう。

まとめ

2人きりでお酒を飲むとき、男性は本命に対してだけとる言動がいくつかあるようです。逆に、このような言動がなければ、ただの飲み友だちとしてカウントされている可能性も……。今回の記事を参考に、サシ飲みデート中の彼の言動をチェックしてみましょう。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年12月27日~12月29日
調査人数:121人(22~39歳の男性)

※この記事は2017年01月14日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE