お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

ツボをおさえて! 女性がコロリと落ちる「褒め方」6選

ファナティック

af9920069654w

何かと褒めてくれる男性は「脈アリ?」と気になるもの。そこで社会人男性に「気になる女性があらわれたら、どんな褒め方をするか」を聞いてみました。男性がこんな褒めテクニックを披露してきたら、恋愛対象として意識してみるといいかも?

女性はパーツではなく、全体を褒めるといい?

・「あまりパーツを細かく褒めるよりも、かわいいね、似合うねなど大雑把に褒めたほうが受け入れてもらいやすい気がする」(28歳/小売店/販売職・サービス系)

・「もうストレートに相手の容姿や服装を褒める。小細工は裏目に出そう」(31歳/情報・IT/技術職)

どんなにきれいでも、どこかしらにコンプレックスを持っているのが女性。そのため細かく褒めるよりは、大ざっぱに全体を褒めた方が効果的なのだそう。

持ち物はピンポイントで、選んだセンスを褒める

・「持ち物を誉めるだけでなく、その持ち物を選んだ本人のセンスを誉める」(31歳/情報・IT/その他)

・「持ち物でも、細かい部分を褒める。ピアスがかわいいとか、ピンポイントで」(32歳/機械・精密機器/技術職)

ただし女性の持ち物を褒める場合は褒めるアイテムを絞り込み、それを選んだセンスを褒めるのが効果的とか。確かにこれは褒められると嬉しいかも?

外見より中身を褒めた方が、喜ぶ女性は多い

・「外見より内面を褒める。女の人はそっちの方が喜ぶ場合が多い」(33歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

・「性格を褒める。見た目なんていかにも意識してるので安く見られる」(28歳/機械・精密機器/事務系専門職)

ただし見た目ばかり褒められると、女性は警戒心を持つことも。上記意見のように中身を見て褒めてくれると、褒めてくれた相手に好印象を持てますよね。

変化したところを見つけて褒める

・「女性の髪形、服装などをチェックし、数日経過し『○○を変えたね』と変化した部分を言うとき」(34歳/小売店/販売職・サービス系)

・「かわいい仕草とか、服や髪形がいつもと違うことをさりげなく言う」(33歳/医療・福祉/専門職)

彼氏から褒められると嬉しいのが、ちょっとした変化を見つけて褒められること。「よく見てくれているな」と感心してしまう?

頑張っていることを褒める

・「仕事とか勉強とか、何かしら頑張ってることを褒めてあげる」(28歳/その他/事務系専門職)

・「頑張ってるねとかじゃなくて、いつもありがとうという感じでお礼を言うようにしている」(33歳/その他/事務系専門職)

下心をあまり感じず、素直に聞けるのが男性のこんな褒め言葉かもしれませんね。頑張っていることを誰かに評価してもらえるのは、やっぱり嬉しいもの!

とにかくヨイショしてコミュニケーションをとる

・「いいところを探してひたすら持ち上げる。褒められてイヤなことはそんなにないから」(28歳/情報・IT/技術職)

・「褒めつつ掘り下げて詳しく教えてもらおうとする。コミュニケーションにもなるので良いと思う」(32歳/運輸・倉庫/営業職)

ヨイショというと悪いイメージがありますが、嫌みが込められていなければ聞いていて気持ちがいいもの。またコミュニケーションをとるのにもいいのだとか。

身近によく褒めてくれる男性がいるなら、その男性に「気になる存在」だと思われている可能性も。特に男性は気になる女性には、上記の褒めテクを披露してくることが多いよう。もしこんな褒められ方をしたら「彼氏候補」として意識してみるといいかも?

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ(2016年9月にWebアンケート。有効回答数202件。25歳〜34歳の社会人男性)

 

※この記事は2017年01月14日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE