お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 結婚

一生、恨んでやる! 夫に言われて「許せない言葉」6つ

ファナティック

af9940106671w

赤の他人に言われたら受け流せるのに、夫に言われると妙に悲しくて根に持ってしまう言葉、いろいろとありますよね。そこで夫に言われていまだに許せない「根に持っている言葉」について既婚女性たちに教えてもらいました。

(1)「金を払ったのは俺だから、俺の家」発言

・「ここは俺の家なんだからお前が出ていけ」(34歳/その他/その他)

・「マイホームの間取りを決めているときに、『お前は金出さないんだから口出すな』」(25歳/その他/その他)

家族みんなが住んでいる家なのに、「金を払ったのは俺だから、俺の家」と表現されるとなぜか悲しい気持ちに。家族みんなが安心していられる場所は、家族みんなのものです。

(2)「お前は関係ない」発言

・「旦那と旦那の親との話し合いのときに、私は関係ないと言われたこと」(31歳/その他/その他)

・「職場の女の子にメールしながら『お前に仕事の話したって分かる訳ないだろ、お前には関係ないし』と言われたのは根に持ってます」(31歳/その他/その他)

せっかく家族になったのに、人生の重要なシーンで蚊帳の外にされると「なぜ結婚した!?」と不思議な気持ちに。プライベートに首を突っ込むのは、ある意味家族の仕事ですよね。

(3)子どもの世話は母親がする、と思っている発言

・「『母親だろ!』と言われたこと! お前も父親だろ!」(30歳/医療・福祉/専門職)

・「子どもが泣いていてうるさいからなんとかしろ、と言われたこと」(32歳/その他/その他)

子どもを育てるのは母親と父親の「両親」の仕事のはずなのに、なぜか母親にだけ責任をなすりつけてくる父親も……。自分も親だということを忘れている?

(4)軽々しく「離婚」発言

・「大ゲンカした末に『じゃあ離婚する?』って聞かれたこと」(29歳/その他/その他)

・「『これ以上太ったら離婚する』と言われたこと」(33歳/医療・福祉/専門職)

恋人時代の「別れようか」というノリで、「離婚」を軽々しく切り札にされると腹が立ちますよね。離婚の重大さを、分かっていないように思えてしまいます。

(5)体形のことを指摘

・「出会ったときのほうが痩せていたと言われたのは根に持っている」(30歳/学校・教育関連/その他)

・「太ったら結婚詐欺だなと言われたこと」(32歳/その他/その他)

夫に言われてカチンときやすいのが「結婚後の体形のこと」ですよね。妊娠したら誰だって太るし、そこから元の体形に戻すには大変な努力が必要なのに!

(6)主婦は暇だと勘違いしている発言

・「いつも暇でしょと言われたことは根に持っている」(29歳/その他/その他)

・「一人目が生まれて、全然寝ない子で、ノイローゼになりかけて家事ができなかったときに『誰のおかげで生活できてるんだ!』って言われ、離婚を考えた」(32歳/その他/その他)

外で仕事を頑張るのと同じように、家で育児を頑張っているのに「暇でしょ」発言はないですよね。世の中には働くより大変なことだってたくさんあります。

赤の他人に言われたら受け流せることでも、自分の一番の理解者であるべき「夫」から言われてしまうとカチンとくることは少なからずあるものですよね。こんな発言の積み重ねが夫婦仲を悪くしてしまうため、不用意な一言はなるべく控えてほしい!

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ(2016年11月にWebアンケート。有効回答数212件。25歳~39歳の既婚の社会人女性)

お役立ち情報[PR]