お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

「死ぬまで一緒なんだろうな」と思う夫婦・6選

ファナティック

結婚に夢を持てない人が増えているといいます。熟年離婚も話題になりました。しかし、最後まで良好な関係でいる夫婦もいますよね。今回は、男性が「死ぬまで添い遂げそうだな」と思う夫婦の特徴を探りました。

af9920079287w

1.お互いを尊敬している

・「両方とも、尊敬しあっていて、互いに趣味があり、うまい距離感がある」(32歳/食品・飲料/営業職)

・「相手を尊敬していること、褒めあっていること」(35歳/医療・福祉/販売職・サービス系)

人を尊敬すれば、相手のいいところが見えてきます。自然と扱いもていねいになりますよね。自分によくしてくれる人のことは、大切にしたくなるもの。夫婦で尊敬しあえれば理想的ですよね。

2.適度な距離感を保っている

・「適度な距離感を保てる夫婦。一人でも過ごせる夫婦」(32歳/情報・IT/技術職)

・「適度な距離感でお互いの気持ちいい空間を作れる夫婦」(33歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

つかず離れずといったところでしょうか。奥さんがいないと家のことは何もできない旦那さんは、見方によっては奥さんに依存していますよね。少し離れてもやっていける安心感も大切です。

3.お互いに厳しくない

・「お互いがお互いのことを妥協しあっている」(26歳/情報・IT/営業職)

・「ゆるーい雰囲気のある夫婦は息が長いかもね」(35歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)

相手の欠点に目をつむるというと悪い印象でしょうか。しかしある程度は結婚相手に妥協しないと、完璧な人が見つかるまで別れを繰り返すことになりますよね。ゆるい関係性は意外と強固かも。

4.年をとっても手をつないでいる

・「年をとっても手をつないで歩いている」(29歳/学校・教育関連/専門職)

・「年をとっても手をつないでいる夫婦」(28歳/情報・IT/技術職)

年をとっても手をつないで歩く夫婦は、理想の夫婦として若い世代にも受け入れられている印象です。年を重ねても、お互いを異性として見てデートしている感じがほほえましいですよね。

5.性格が合っている

・「性格や外見など、似た者夫婦。結局は一緒にいて楽なことが大事だと思う」(29歳/不動産/営業職)

・「性格が合っている。いつも笑顔が絶えない」(35歳/自動車関連/技術職)

離婚する理由として多いのが性格の不一致。夫婦は同じ性格であるべきとまでは言えませんが、ある程度共通点があったり、お互いの欠点を補えるような性格だと長続きしやすいのではないでしょうか。

6.よく一緒にいる

・「毎日一緒に行動していて、特に仲がいい印象の夫婦」(33歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「買い物でも食事でもよく一緒に行動する夫婦」(28歳/医薬品・化粧品/営業職)

普段の生活であまり一緒にいない夫婦は、連れ添っているようには見えませんよね。出かけるときも2人でいる時間が長ければ、夫婦で一緒にいる時間が苦痛ではないということでしょう。

まとめ

3組に1組が離婚するという現代。死ぬまで添い遂げる夫婦は少ないものになってきたのかもしれません。年をとっても良好な関係でいられるよう、日ごろから努力しておきましょう。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2017年1月にWebアンケート。有効回答数201件(25歳~35歳の未婚の社会人男性)

※この記事は2017年01月14日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE