お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

ムリムリムリっ!! 好きでも「キスしたくない」女性の唇・6つ

ファナティック

好きな人とのキスは幸せな気分になれるスキンシップの一つ。でも、いくら好きな女性であっても唇の状態によっては、男性たちの「キスしたい」という気持ちを萎えさせてしまうことがあるようです。今回は「好きでもキスしたくない女性の唇」について男性たちに聞いてみました。

af9940051249m

1.口紅やグロスの塗りすぎ

・「口紅をつけすぎている場合。明らかにテカテカしている」(33歳/その他/事務系専門職)

・「グロスを塗りまくってテカテカしているもの。キモイ」(35歳/自動車関連/技術職)

がんばっておしゃれしたはずのかわいい口紅やグロスも男性から見ると単にテカった唇にしか見えないようです。自分自身が使うものではないだけに、見た目も実際にキスしたときの感触もあまり好みでないという男性は多いみたいですね。

2.不健康そう

・「切れていたり、荒れていたりして、ちょっと不健康そうな唇」(27歳/運輸・倉庫/販売職・サービス系)

・「ぶつぶつがあり何らかの病気が疑われる」(34歳/その他/販売職・サービス系)

ただの乾燥というよりも胃腸系に問題があるのかなと思わせる不健康そうな唇。見ていて痛々しいだけでなく、キスを誘うようなセクシーさも感じられそうにありませんね。

3.カサカサ

・「カサカサしてるように見える」(26歳/その他/その他)

・「カサカサしていて乾燥しきっている」(35歳/金融・証券/専門職)

リップでケアしないのかなと思う男性も多そうなカサカサの乾燥した唇。一度、乾いてしまうとどんどん皮がむけてきたりするので、集中的なリップパックでお手入れした方がよさそうですね。

4.薄くて色気がない

・「唇が薄く、色が黒っぽい。色っぽくない」(34歳/小売店/販売職・サービス系)

・「カサカサで白っぽい唇は色気がない」(33歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

唇にあまり厚みがないと色気がないと感じる男性も。確かに、クールで知的な印象ではあるけれどにじみ出るような色気はないかも。せめて唇そのものに弾力を感じさせるよう潤いケアは忘れないようにしたいですね。

5.たらこ唇

・「たらこ唇とかかな」(26歳/建設・土木/技術職)

・「たらこ唇でふっくらしている。好みではないから」(35歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)

ぽってりとした厚みのある唇は好みがわかれるところのようですね。そのぽってり感が女性らしくていいという人もいそうですが、存在感がありすぎて苦手という人も。メイクで輪郭を少しぼかすくらいしかごまかしようはなさそうです。

6.切れて血がにじんでいる

・「ひび割れていて血がうっすらにじみ出ている」(34歳/学校・教育関連/専門職)

・「カサカサで潤いの少ない唇。または切れて血が出ている」(30歳/医療・福祉/技術職)

潤いがなくてひび割れてしまった唇を見ているとキスする気がうせてしまうというのも納得。冬は特に唇が乾燥しやすい時期なのでリップを常備して、ひび割れを作らないようにしたいですね。

まとめ

きちんとお手入れされていなさそうな荒れた唇を見ると、好きな女性でもキスしたくなくなってしまうという男性は多いようですね。お肌や髪のお手入れ同様、目につきやすい場所だけに唇のケアにも手抜きはできなさそう。乾燥を防止するリップ、荒れた唇をケアしてくれるパックなどで、男性から「キスしたい」と思われるウルウル唇をキープしてくださいね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年12月にWebアンケート。有効回答数204件(25歳~35歳の社会人男性)

※この記事は2017年01月13日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE