お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

何だよコレ!? 彼女の家で「男性がドン引きしたこと」6つ

ファナティック

彼を自分の家に招く「お家デート」は、とてもドキドキしますよね。そして彼が自分の部屋を見てどう思うのかは、ドキドキというより、ハラハラする人もいるはず。今回は男性のみなさんに、彼女の家でドン引きしたことについて、お話を聞いてみました。

猫がいる部屋

掃除がされていなかった

・「ゴミ屋敷で足の踏み場もなかったこと」(30歳/自動車関連/技術職)

・「水まわりが汚かったときにドン引きした」(36歳/商社・卸/営業職)

・「猫がいて、猫の毛がたくさん落ちていること」(37歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

本人としてはきちんと掃除をした状態なのかもしれませんが、客観的に見てキレイじゃなかったら、そこはやっぱり掃除がされていないと思われるもの。ペットを飼っている人は、抜け落ちやすいペットの毛も要注意ですね。

下着が放置されていた

・「普通に下着が無数に脱ぎ捨てられていたことです。なんか、気持ちが萎えました」(37歳/情報・IT/事務系専門職)

・「昔の彼女の部屋は汚く、下着など床にほったらかし」(38歳/機械・精密機器/技術職)

ひとりでいるときは普通なのかもしれませんが、彼氏が来るときくらいは、下着を放置せずにきちんと片づけておきましょう。盛り上がっていた彼の気持ちも、急激に冷めてしまいそう。

アイドルグッズばかり置かれていた

・「男性アイドルのグッズばかりであったこと」(29歳/電機/技術職)

・「アイドルグッズが所狭しと飾ってあったこと」(39歳/その他/その他)

アイドルのグッズを集めるのは個人の自由ですが、あまりにも多いと、男性は引いてしまうよう。彼が趣味に理解があるなどでなければ、隠しておいたほうがいいでしょう。

大量のぬいぐるみが飾られていた

・「部屋中、キャラクターのぬいぐるみでいっぱいだった」(35歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

・「家中にぬいぐるみが飾ってあり足の踏み場もない」(38歳/機械・精密機器/技術職)

ぬいぐるみを飾る習慣は男性にはきっとないでしょうから、ぬいぐるみ好きの女性の部屋を見たら、さそかし驚くでしょうね。こちらも理解のある彼ならいいですが、そうでない場合はドン引きされてしまうよう。

冷暖房をつけてくれなかった

・「節約の精神から、冷暖房をつけてくれなかった」(34歳/その他/その他)

「エアコンに頼りたくない」という、今どき珍しいポリシーを持っている人も中にはいるでしょう。しかし自分ひとりだけならまだしも、彼にもそれを強要してしまうのは、さすがにかわいそうかも。

家族間の態度に問題があった

・「自分の前と実家の親の前での言葉遣いのちがい。親に対する態度が悪い」(38歳/機械・精密機器/技術職)

・「家族の仲が異常によすぎること。仲がいいことはけっこうだけど、親が他人の前なのに子どもを『ちゃん』づけで呼んだり、子どもの自慢ばかりをされたり(子どもは親の自慢ばかり)、そういうのは引くし、結婚が考えられなくなるので、将来的に別れる原因にもなると思う」(39歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

実家暮らしの場合、実家に彼を招くこともありますよね。そこで彼女が家族と独特なコミュニケーションを取っていたりしたら、彼も驚かないわけにはいかないでしょう。

まとめ

彼女の家に行ったら「さらに好感度が上がった」という人もいれば、逆に「なんかドン引き……」と好感度が下がってしまうパターンもありますよね。後者に当てはまらないためにも、彼を家に招くときは、準備万端にしておきましょう。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年12月27日~12月29日
調査人数:121人(22~39歳の男性)

※この記事は2017年01月13日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE