お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

俺、ガキだったわっ!! 男子が「結婚して気づいたこと」5つ

ファナティック

af9940094612m-1

結婚する前は、相手候補の異性に対して、アレコレと条件を付けたくなるものです。できれば失敗したくない結婚! 条件のいい相手を見つけたいと思うのも当然かもしれません。しかしいざ結婚してみると、「あの条件は必要なかったな」なんて思うことも多いもの。結婚した男性だからこそわかる、結婚の条件で今すぐ捨てるべきものを5つ紹介します。

外見

・「まぁ見た目でしょうね。普通でいいんだよね」(31歳/機械・精密機器/技術職)

・「見た目かな! 思いやりや気遣いができることのほうが大事」(34歳/その他/技術職)

・「プロポーションです。体型は年月と共に変わりゆくものです」(32歳/商社・卸/営業職)

多くの男性が、こだわる条件と言えば「女性の外見」についてです。きれいな女性に惹かれるのは、男性の本能だとも言えそうですね。しかし結婚して生活が始まれば、相手の外見に慣れてしまうことも多いもの。それよりも中身が重要!と判断する方が多いようです。

性格

・「性格の一致。女性は出産すると性格が変わるため」(31歳/医薬品・化粧品/技術職)

外見同様、実は「性格もあてにならない」という意見が目立ちました。結婚前はあんなにかわいかった彼女が、結婚後に一変……! なんて話はよく聞きます。彼女の本質を知りたいと思ったら、彼女の両親の力関係に目を向けてみてはいかがでしょうか。

学歴

・「学歴。生活においては学力よりも家庭的かが重要」(32歳/情報・IT/技術職)

・「過去の学歴がどうとか、どこ卒業したとか」(29歳/情報・IT/技術職)

どれだけ学校で勉強ができたとしても、実生活で活かせるとは限りません。難しい数式を解けるよりも、新鮮な食材を見極め、おいしく調理できる能力のほうが、日常の中で役立つはずです。

過去

・「バツがついてるかどうか。バツがついていても連れ子さえいなければ何も気にならない」(32歳/運輸・倉庫/その他)

過去に結婚歴があるかないか。特に自分が初婚の場合には、気になってしまうことも多いでしょう。周囲の人にどう説明するべきか……独特の悩みもあるかもしれません。しかし、一度失敗している分、次は慎重に……! と決意している女性が多いのも事実。実は理想の結婚生活に近づけるのではないでしょうか。

家事力

・「家事ができるかどうか。できないことはカバーすればいいし、それが夫婦やと思うから」(31歳/情報・IT/技術職)

・「家事ができるか、料理ができるか」(29歳/商社・卸/営業職)

結婚生活には欠かせないと考えられている家事力ですが、実は必要ないと考える男性も多いようです。夫婦共働きであれば、家事も協力するのが当たり前。相手が苦手な部分は自分がカバーすればOK! と、広い心で受け入れる男性も目立ちました。

まとめ

結婚相手に求める条件を少なくすれば、その分「対象となる異性の数が増える」ということになります。幸せな結婚をするためには、実は大切なポイントなのかもしれませんね。既婚男性ならではの意見も参考にして、「結婚生活に、本当に必要なもの」を見つめなおしてみてください。

(ファナティック)

※画像はイメージです

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年9月2日~9月3日
調査人数:214人(22歳~34歳の男性)

※この記事は2017年01月13日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE