お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

死んじゃう! 「相手がいないと生きていけない」と思う瞬間・6つ

ファナティック

結婚生活をしていると、ふとした瞬間に「この人がいないと生きていけないかもしれない」と思う瞬間もあるはず。お互いを思いやっているからこそ、相手が自分に必要不可欠な人間である、と実感するのかもしれません。では、実際にどんな瞬間、パートナーの存在の大きさを感じるのか、既婚者たちに聞いてみましょう。

af9940089843w-1

<妻の場合>

■落ち込んだときは……

・「落ち込んだとき、そっと隣で励ましてくれるとき。寂しがりなのでそばにいてくれるたけでありがたい」(31歳女性/団体・公益法人・官公庁/その他)

・「仕事などで疲れがたまり孤独感を感じたとき」(35歳女性/ホテル・旅行・アミューズメント/その他)

落ちこんでしまっているとき、何かあって気持ちがマイナスの方にあるときは、そばで支えてくれる存在のありがたみをひしひしと感じることでしょうね。

■お金のこと

・「お金を稼いでくれるのでいないと生活できません」(33歳女性/その他/その他)

・「私は専業主婦なのでやはり経済的には夫がいないと生きていけないと思います」(35歳女性/その他/その他)

専業主婦の家庭だと、やはり家計を支えてくれる人の存在は、何よりも大事でしょう。生活していくための糧を稼いでくれるのですから、感謝しないわけがありません。

■子育てを……

・「子育てときの手助けや、思いやりのある行動をとってもらったとき」(32歳女性/その他/その他)

・「子育てをしていてつらいとき。買い物などで、重いものを運ぶとき」(29歳女性/その他/販売職・サービス系)

子育てはとっても大変なもの。1人でがんばろうとしてもなかなかうまくはいきません。でも、パートナーと一緒に取り組めば、きっと大変な時期も乗り越えられるでしょうね。

<夫の場合>

■疲れたときに

・「一人で疲れたときに、相手に癒されたと感じたとき」(34歳男性/電機/技術職)

・「仕事に疲れて帰ってきたときに、よく感じる」(34歳男性/商社・卸/営業職)

独身で1人暮らしのときは、どんなに疲れて帰ってきても、家で待っててくれる相手はいなかったでしょうが、結婚したら、あたたかく迎えてくれるパートナーがいます。そういう存在がいることは、とてもありがたいものなのです。

■子どもの相手をしていると……

・「子どものことでわからないときに、やはり妻がいないと……と感じる」(31歳男性/学校・教育関連/その他

・「子どもの面倒を見た日にこれが毎日だと無理だと思った」(35歳男性/その他/販売職・サービス系)

子育ての大変さをひしひしと感じているのは女性だけではありません。男性も同じように大変さを感じているのです。お互いに補いあってようやく、子どもをしっかりと支えられるのでしょうね。

■困ったときに

・「自分一人じゃ中々決断力に欠けるのでそういうときに後押ししてくれるとき」(33歳男性/商社・卸/営業職)

悩んでいるとき、困っているときに、背中をそっと押してくれる存在は、非常に心強いものなのでしょうね。1人では困難な壁も、強力な後ろ盾があれば、なんとか越えていけるというものです。

まとめ

女性も男性も、困難な状況、1人では解決できないことに遭遇したとき、パートナーの存在の大きさ、ありがたさを感じるようです。お互いを思いやり、どんな高い壁でも一緒に乗り越えていけるような、すてきな夫婦になりたいものですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年10月にWebアンケート。有効回答数195件(25歳~35歳の既婚男性)、219件(25歳~35歳の既婚女性)

※この記事は2017年01月12日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE