お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

男子が「もうすぐ離婚」だと察する夫婦・6パターン

ファナティック

tan_eenensyuhikusugi_tp_v-1

離婚率増加が話題になっている今、夫婦それぞれ別の道を歩むという選択は、決して人ごとではありません。そこで今回は、身近な夫婦に対して、「離婚しそうだ」と察した経験について、男子に教えてもらいました。

ケンカばかり

・「しょっちゅうケンカをしていて、うまく行っていなさそうな人たち」(34歳/電機/技術職)

・「ケンカが絶えない夫婦は危ないような気がします」(32歳/医療・福祉/事務系専門職)

夫婦のケンカの原因はさまざまですが、感情的になると、つい余計な一言まで口にしてしまいがちです。どちらか一方が「離婚しよう」と言えば、お互いに引き下がれないまま、とんとん拍子に離婚が成立してしまうのかもしれません。

すれ違い

・「自分の友人だがお互い共働きで、子育てのことでよくケンカしている」(33歳/情報・IT/技術職)

・「旦那がいかにも遊び人で、帰ってくるのが遅い」(33歳/不動産/営業職)

・「会話がない夫婦。またはどちらかが実家に帰っているときに、残っている方が毎日友だちを家にあげるなど好き勝手やっている人」(31歳/自動車関連/営業職)

夫婦の生活リズム、考え方がすれ違っていると、「相手が何をして、何を考えているのかわからない」ということにもなりがちです。相手に対する絶対的な信頼があればいいのですが……アラサー世代ではまだまだ難しいと言えそうです。

仮面夫婦

・「仮面夫婦。浮気がバレて険悪な夫婦」(32歳/マスコミ・広告/その他)

・「家にいてもあまり話をせず、家庭内別居状態の方々」(33歳/アパレル・繊維/事務系専門職)

表面的には何も問題がないように見えても、裏では冷めきっている夫婦もいます。仮面をかぶる理由は「子ども」や「経済的な問題」などでしょうか。理由がなくなったら、即離婚にいたってしまうでしょう。

一方のみに負担が集中

・「パワーバランスがおかしい。どちらが遠慮している」(33歳/電機/技術職)

・「亭主関白だったり、どちらかの金使いが荒い」(33歳/情報・IT/技術職)

夫婦が平等に生活していくのが理想ですが、どうしても片方のみに負担が集中してしまうこともあります。こんな状態がずっと続けば、「どうして自分だけが……」と考えてしまいがち。特に子育て世代は注意したほうがよさそうです。

逆に仲がよすぎるのも……!?

・「人前で無理におしどりアピールをする夫婦」(35歳/商社・卸/事務系専門職)

反対に、こんな意見もありました。夫婦として生活していれば、アレコレ問題が起きるのも当然のこと。「いつもやたらとラブラブな夫婦」は、本当の姿を隠しているのかもしれません。

興味なし

・「夫婦間の会話が全然なく相手に興味がなくなってしまっている」(34歳/印刷・紙パルプ/クリエイティブ職)

・「干渉がなさ過ぎて、相手の気持ちがわからないと離婚にいたる」(32歳/運輸・倉庫/その他)

パートナーとケンカになるのは、まだマシ……!? 相手に対する興味を失っていない証拠ですからね。ケンカもせず、相手に対して何の興味も抱かなくなったら、いよいよ離婚危機が迫っていると言えそうです。

まとめ

男子意見から離婚しそうな夫婦の特徴を学んだら、自分たちに当てはまる点がないかどうか確認してみてください。すれ違いやケンカは、お互いへの気遣いで避けられることも多いはずです。お互いに気を付けられるといいですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年9月2日~9月3日
調査人数:428人(22歳~34歳の男女)

※この記事は2017年01月12日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE