お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

生理が遅れたとき「妊娠したかも……」と彼に伝えたこと、ある?

ファナティック

ちょっとしたストレスでも周期が乱れがちになる生理。まったく心当たりがなければ妊娠の不安を感じることもなさそうですが、少しでも心当たりがあれば不安も大きいもの。今回は生理の遅れで妊娠を考えたときに彼に伝えるかどうかについて女性たちに聞いてみました。
af9940076050m

Q.生理が来なくて「妊娠したかも」と彼に伝えたこと、ある?

「ある」……20.4%
「ない」……79.6%

実際に彼に伝えたことがあるという女性は約2割。では、どうして伝えようと思ったのかについて聞いてみましょう。

<「ある」と回答した女性の意見>

■不安を共有したくて

・「不安を共有したくて。安心させてほしいので」(25歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「来なくて不安だったから、一応伝えておいた」(24歳/金融・証券/事務系専門職)

自分だけで妊娠したのかもしれないという不安と戦うことができず、彼と不安を共有したくて伝えたという人も。話したからといって何かが変わるわけでなくても、気持ちだけは少し楽になるということでしょうか。

■妊娠していた場合の対応のために

・「それなら、それなりの対応をしないとと思って」(33歳/学校・教育関連/専門職)

・「妊娠を伝えたら結婚してくれると思ったから」(30歳/その他/販売職・サービス系)

妊娠していたとしたら彼にもそれなりの対応をしてもらわないとダメなので伝えるのは当然。結婚に向けた話し合いをするにしても早いにこしたことはないということですね。

では、伝えたことがないという女性にも理由を聞いてみましょう。

<「ない」と回答した女性の意見>

■はっきりしてから伝えたい

・「可能性の段階では伝えない。検査してはっきりしてからでいいと思ってるから」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「きちんと確認してから伝えたいと思う」(34歳/医療・福祉/秘書・アシスタント職)

妊娠しているかどうかは検査薬などでわかるものなので、結果がはっきりしてから伝えたいという人も。もし、妊娠していなかったときには、自分でもはっきりしないうちに彼に伝えることはできないということですね。

■駆け引きしたくない

・「不要な駆け引きしたくないから」(28歳/機械・精密機器/秘書・アシスタント職)

・「そういうセコイことはしない。それなら検査薬を使えばいい」(34歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

妊娠したかもしれないと伝えることで彼にそのあとの対応を迫るような駆け引きをしたくない。妊娠しているのならもちろん伝えるのでしょうが、生理が遅れたという不確実な情報で彼を試したくないということでしょうね。

■もともと生理不順だから

・「そもそも薬がないと生理が来ない体質なので」(33歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「生理が来ないのは不順だからよくある」(31歳/医療・福祉/事務系専門職)

生理不順はいつものことなので、それほど不安にも感じないという人も。いつも以上に遅れたら不安にもなるのでしょうが、それまでは焦って彼に伝える必要もないということですね。

■妊娠の可能性が考えられないから

・「妊娠する根拠がないし、軽い気持ちで口にすべきではないことだと思うから」(30歳/ソフトウェア/その他)

・「その可能性はゼロだから、言う必要がない」(27歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

妊娠に心当たりがないのだから生理の遅れをわざわざ彼に伝えようとは思わないし「妊娠したかも」という言葉は、簡単に口にするものではないという意見も。確信がないうちに騒ぎ立てるのは自分にも彼にもよくないことだと思っているみたいですね。

<まとめ>

生理が順調に来ている人はもちろん、不順な人でも生理の遅れには何かしらの不安がつきまとうもの。妊娠以外の婦人科系の病気などが隠されていることもあるので、生理について敏感になるのは女性なら当然のことですよね。生理が遅れて不安な気持ちがわいてくると彼に相談したくなるというのも自然なこと。望まない妊娠を避けることはもちろん、そういったことをオープンに話せる関係を作り上げておくことも大事ですよね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年12月12日~2017年1月4日
調査人数:103人(22~34歳の社会人女性)

※この記事は2017年01月12日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE