お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

うるさいっ! 言われて困った「母からの婚活アドバイス」4つ

ファナティック

結婚適齢期になると、婚活をしなければと焦ることもあるでしょう。そんなときに人生の大先輩である母親から、困ったアドバイスをもらった女性もいるようです。一体どんな婚活アドバイスなのか、アンケートで聞いてみました。

母親

とにかく結婚を急かされた

・「早く結婚しろ、みたいなことは頻繁に言われる。プレッシャーで変な男を選んでしまいそうで怖い」(25歳/食品・飲料/専門職)

・「早く結婚するように言われる」(27歳/金融・証券/営業職)

晩婚化が進んでいるのにも関わらず、母親世代の結婚年齢の意識で「早く結婚しなさい」と急かされ、困ったという女性も。娘としても早く結婚したいのは山々ですが、焦ったところでうまくいかないこともありますよね。

好みでない男性を勧められた

・「この人は? という人が自分好みではない」(27歳/電機/事務系専門職)

・「母とタイプがちがうため、好みでない男性との進展を勧めてくる」(32歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)

結婚はしたいけれど、相手は誰でもいいわけではないですよね。まったく自分の好みでない男性を母から勧められて、困ったという女性もいました。

相手の男性の文句を言われた

・「自分のことは棚に上げて、相手のことや相手の家族の文句を言うことが信じられない」(31歳/金融・証券/事務系専門職)

・「誰でもいいから結婚しろと言いながら、付き合う人をいちいちチェックして文句を言ってくる」(31歳/情報・IT/営業職)

結婚を考えられる男性と出会っても、いちいち母に文句をつけられて困ったという声も。娘のためを思ってのことかもしれませんが、悪口ばかりだと嫌になってしまいますね。

心を綺麗にしなさいと言われた

・「人に意地悪すぎていることもあって、もっと心を綺麗にしたほうがいいと言われた」(31歳/医薬品・化粧品/技術職)

もっと心を綺麗にしなさいと、内面のことを指摘された女性もいるようでした。性格は変えたくてもなかなか変えられないこともあるので、それはそれでどうすればいいのか困ってしまうかもしれません。

まとめ

とにかく急かされたり、あまりにも的外れだったり、自分の気持ちを考えてくれないアドバイスに困ってしまった女性が多いようです。娘に幸せになってほしい親心はわかりますが、なるべく気持ちを汲んでもらいたいものですよね。困ったアドバイスは、話半分に聞いておくのがいいかもしれません。

(マイナビウーマン編集部)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年4月27日~5月4日
調査人数:114人(22~34歳の女性)

※この記事は2017年01月07日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE