お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

「家庭的な女性」が絶対にしないこと・6つ

ファナティック

理想の女性像としても挙げられることが多い、「家庭的な女性」。実際に家事ができるかどうかわからなくても、何となくそう感じさせる言動というのがありますよね。では、逆に家庭的な女性にふさわしくない言動にはどういうものがあるのでしょうか。今回は、働く女性が思う「家庭的な女性が絶対にしないこと」について聞いてみました。

頻繁に家を空ける

・「無断で何日も外泊すること。家のことがおろそかになり、家庭的な女性とは言えないから」(32歳/医療・福祉/専門職)

・「飲み歩く、よく出掛ける、家を空ける」(23歳/金融・証券/事務系専門職)

家庭が第一だと考えていそうなので、頻繁に家を空けるようなことはしない、という意見がありました。家のことをおろそかにして遊び歩いているような女性は、家庭的とは言えないようです。

料理をしない

・「外食ばかりして料理を作らない」(27歳/自動車関連/事務系専門職)

・「常に食事をレトルト、外食で済ます。家庭的であれば自炊すると思うから」(26歳/医療・福祉/専門職)

ありあわせのものでも、手早く料理を作りそうな家庭的な女性。レトルト食品を並べたり、外食ばかりという生活はしていなさそう。家計のことを考えても、自炊派という人が多そうですよね。

派手なネイル

・「凝ったネイルアート。長い爪は何をするにも邪魔になるので」(31歳/その他/その他)

・「料理がしづらいような派手なネイル」(31歳/建設・土木/事務系専門職)

料理を含めた家事全般の邪魔になりそうな、長いネイルや派手なアート。ネイルをするにしても控えめにというのが、家庭的に見せるポイントのよう。慣れれば何でもこなせるとはいえ、やはり派手なネイルにマイナス印象を持つ人は多いようですね。

浮気

・「浮気。家庭的な人は家と同時に家族を守ろうとする意欲が強いので、家族以外の人とどうこうなろうとは思わないはずだから」(26歳/小売店/販売職・サービス系)

・「家庭を顧みない浮気とかはしないと思う」(33歳/小売店/販売職・サービス系)

浮気や不倫は、バレたら家庭が壊れてしまいます。家族のことが大事なら、その大事な人たちを悲しませたり、裏切ったりできるわけがありませんよね。

夫の悪口を言う

・「夫の悪口を言う。家庭的=自分の家族を大事にする人は夫や子どもの悪口は言わないと思う」(30歳/商社・卸/その他)

・「夫を下げる発言をしない」(22歳/小売店/販売職・サービス系)

夫を陰で支える良妻賢母、という一面もある家庭的な女性。自分にとって大切な存在である夫の価値を下げるような言動はしなさそう。夫を悪く言うと、自分自身の価値まで下げてしまうことはまちがいなさそうです。

無駄づかい

・「無駄づかい。家庭的な人はやりくり上手な印象がある。使うところは使うけど、ちがうところでちゃんとしてそう」(27歳/医療・福祉/専門職)

・「衝動買い。家庭的な女性は家計を守れる人だから」(25歳/その他/その他)

好き勝手に買い物をしたり、無駄づかいをしたりというのは、家計を守る妻としては失格。やりくり上手という一面もある家庭的な女性は、メリハリのある上手なお金の使い方ができそうですね。

まとめ

よき妻、よき母になりそうなイメージの家庭的な女性。パッと見で派手だったり、家族を顧みないような行動はとらないだろうと思う人は多いようですね。家庭や家族を顧みず、家事に支障があるような言動は、絶対にしないのではないでしょうか。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年11月18日~11月21日
調査人数:103人(22歳~34歳の女性)

※この記事は2017年01月06日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE