お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

ずるいっ! 夫がうらやむ「他人夫婦」6パターン

ファナティック

af9920078549m-324x200

結婚して夫婦生活が落ち着いてくると、自然と「他人夫婦」との関わり合いも増えてくるもの。自分たちにはない、他人夫婦ならではのよさに気づいてしまうこともあるのかもしれませんね。そこで今回は「夫」が、他人夫婦を見てうらやましく思ってしまう瞬間について調査しました。

共働きで余裕あり

・「共働きで裕福に生活を送っている夫婦」(32歳/その他/営業職)

・「わが夫婦は専業主婦であり、ダブルインカムではない。そのため、ダブルインカムの方がいい車に乗っていたり、高価な物を所有しているのを見る・聞くとうらやましい」(32歳/商社・卸/営業職)

現代では、夫1人の給料で専業主婦と子どもを養っていくことは、決して簡単ではありません。日々節約に励みながら、自分一人で家計を担う重圧に耐える……! 夫ならではの苦労も多いのでしょうね。時期が来たら共働きを検討するのも、1つの方法です。

美しい妻

・「奥さんがすごい美人だと感じたときにうらやましいと思う」(33歳/マスコミ・広告/技術職)

夫にとって「美しい妻」はあこがれの的です。周囲に対してもつい自慢したくなってしまいそう! スタイルや外見は、自分の努力でキープ可能です。「いつまでもきれいでいてほしい」と思う夫の気持ちをくんであげましょう。

自由!

・「自由な時間(1人でいる時間)がお互いある夫婦」(34歳/商社・卸/営業職)

結婚=不自由というイメージを抱く男性も多いはず。実際に、その通りであることも多いのかもしれません。夫婦それぞれが「自分だけの時間」を満喫することで、夫婦仲にもいい影響が期待できるのではないでしょうか。

円満夫婦

・「お互いを尊重し、好き同士でいる。嫁が冷めてる感じがするから」(34歳/医療・福祉/専門職)

・「いつまでもラブラブな夫婦。年を取ると家族になってしまうというので、ラブラブなのはいいと思います」(29歳男性/医薬品・化粧品/技術職)

新婚当初は大好きでも、いつしかすっかり冷めきってしまう夫婦も多いですよね。また、意外に男性は「妻ともっと戯れるていたい」と願う方が多いようです。

名前で呼び合う夫婦

・「お互いの名前を呼び合い笑顔でいるとき」(32歳/運輸・倉庫/その他)

・「確かに、名前で呼び合うのはうらやましい。自分は名前で呼ぶが、妻はパパと呼んでくる。お前のパパじゃない、とは返すけど(笑)」(31歳/自動車関連/営業職)

人前でラブラブ感を見せるのに抵抗がある場合は、ぜひこちらから挑戦してみてください。夫婦関係が長くなると、つい「パパ」「ママ」や「おい」、「ちょっと」などで済ませてしまいがち。お互いを大切にするためには、まず「名前を呼ぶ」ことも重要ですよね。

子どもがいる夫婦

・「子どもがいる夫婦。なかなか子どもができないからうらやましく思う」(32歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

・「子どもがいる夫婦を見たとき。うちはまだいないから」(31歳/商社・卸/営業職)

子どもが生まれるのはうれしい一方で、不自由になることも多いもの。夫婦2人での旅行なんて、その後10数年は難しくなってしまうでしょう。しかしそんな不自由を差し引いても、なお十分な魅力が「子どものいる生活」にはあるのかもしれませんね。

まとめ

もしもあなたの夫が他人夫婦の様子をじっと見つめていたら、それが「うらやましい」の合図かも……!? アンケートからわかった夫たちの意見も参考にして、自分たち夫婦を成長させてみてくださいね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年9月2日~9月3日
調査人数:428人(22歳~34歳の男女)

※この記事は2017年01月05日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE