お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

イラッとする「パートナーのクセ」は? 男性で多かったのは……

ファナティック

47de268d504eff87ad8a92f4dc592de6_l-400x266-1

一緒に暮らしはじめてみて、はじめて発見する相手のクセってありますよね。付き合っていて最初はあまり気にならなくても、徐々に気になってしまうことも……。そこで今回は既婚男女が感じた、イラッとするパートナーのクセについて、教えてもらいました。

女性の意見

●おなら

・「おならをすること。本当にくさいし、死にそうになるのでやめてほしい」(33歳女性/その他/その他)

・「おならやゲップを思いっきりすること」(31歳女性/生保・損保/事務系専門職)

最初は我慢していても、慣れてくると自然現象なのでセーブできないことも……。つい出てしまった場合は仕方ないですが、コントロールできるようなら、トイレなどでしてもらえるといいですよね。

●くしゃみ

・「くしゃみするとき。かなり大きな声でするのと、私に向かってするのは勘弁してほしいです」(25歳女性/その他/その他)

・「くしゃみや咳をするとき口をふさがない」(34歳女性/自動車関連/その他)

くしゃみをすると、かなり広範囲に唾液が飛び散ってしまうことも。時と場合によっては、風邪のウイルスも含まれている可能性はありますよね。せめて口を押さえるか、誰もいない方向を向いてほしいものです。

●ご飯の食べ方

・「ご飯の食べ方がイヤ。何でもすするよう(吸い込むよう?)に食べる。そして毎食むせているのでイライラする」(34歳女性/建設・土木/事務系専門職)

・「ご飯の食べ方が汚いとき。音を立てて食べるなど」(30歳女性/その他/その他)

いくら自宅での食事だといっても、最低限の食事マナーくらいはきちんとしてもらいたいところ。一緒に食事をしている人が気分を害してしまうのは、さすがにマナー違反かも。

男性の意見

●機嫌が悪くなる

・「機嫌が悪くなると黙り込んでしまい、何が原因かわからないところ」(30歳男性/医療・福祉/専門職)

・「すぐにイライラしはじめて機嫌が悪くなる」(34歳男性/警備・メンテナンス/販売職・サービス系)

機嫌が悪くなっても、「原因がわからなければなだめることもできない」という意見です。感情の変化は誰にでもあることですが、多少は原因がわかるようにしてあげたほうがいいのかもしれませんね。

●自分が正しい

・「私の言うことを聞き入れない。頑固なところ」(28歳男性/通信/その他)

・「『自分が正しい』と勝手に決めつけてかかる」(32歳男性/電機/その他)

亭主関白ではないにしても、男性としては「自分のほうが上の立場でいたい」と思っているのかも。決めてかからず、最初に相手の意見に耳を傾けることも必要なのかもしれませんね。

●舌打ちをする

・「生理が近づくと、ちょっとしたことでも舌打ちをすること」(32歳男性/学校・教育関連/その他)

・「無意識だと思うけど、舌打ちが出てるときがある」(26歳男性/医療・福祉/専門職)

舌打ちの場合、無意識に出てしまうことが多いのかも。あまり品のいいクセではないので、早めに直したほうがよさそうですね。

まとめ

イラッとするパートナーのクセについて、それぞれの声が寄せられました。女性の場合は、男性のマナーのなさにイライラしていることが多く、男性の場合、女性ならではの感情の起伏にイライラしていることが多いようです。お互い気持ちよく生活していくためには、相手への気づかいや思いやりを忘れないことが大切。相手が気づいていない可能性もあるので、一度話し合ってみるのもいいかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年10月3日~10月5日
調査人数:380人(22歳~34歳の男女)

※この記事は2017年01月04日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE