お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

いい雰囲気が台無し! 食事デートのお会計で気まずい瞬間・6選

ファナティック

%e3%83%87%e3%82%a3%e3%83%8a%e3%83%bc気になる相手からデートに誘われたときに、困ってしまうのがお会計のときではないでしょうか。割り勘にすべきか、相手に甘えるべきか、対応に悩んでしまうこともありますよね。女性がデート中に、お会計で気まずくなったことについて、お話を聞いてみました。

お金を払わされそうになった

・「会計のときにお金を払わされそうになって、イヤな思いをした」(30歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

・「会計のとき気付くのが遅く、割り勘になりそうなとき」(23歳/機械・精密機器/事務系専門職)

相手から誘われたときなどは、何となく相手が支払いをしてくれるものかと思ってしまうもの。請求されてしまうと、一瞬固まってしまいそうになりますよね。

割り勘にするかどうかで

・「レジ前で、割り勘にしようとしてゴタゴタして、気まずい空気になった」(33歳/食品・飲料/事務系専門職)

・「割り勘にするかどうかの話し合いになったとき」(33歳/学校・教育関連/技術職)

割り勘にするかどうかでモメてしまうと、気まずくなってしまうこともありますよね。レジ前でモメてしまうと、恥ずかしい思いもしますものね。

おごると言っていたのに

・「『今回はごちそうするよ!』と言ってくれていたのに、相手がその約束を忘れていて、『じゃー○○円ね』と払わされた」(30歳/マスコミ・広告/クリエイティブ職)

・「最初少なめでいいよ。と言って、結局は割り勘」(29歳/医療・福祉/専門職)

食事に行く前におごると言われていたのに、いざ行ってみると、割り勘を請求された人もいるよにうです。デート中に彼が気にいらないことが何かあったかもしれませんね。

彼のお金が足りないとき

・「彼が払うといったのにお金が足りず、結局、私が払ったとき」(30歳/機械・精密機器/営業職)

・「おごるよ、と言われたのにお金が足りなくてお金を出したとき。相手のプライドが傷ついて気まずかった」(29歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

彼が払うのが前提だったのに、支払いのときになってお金が足りないなんてこともあるようです。自分が支払ったとしても気まずくなりますよね。

払えばいいか分からないとき

・「払ったらいいのか払わなくていいのかで、気まずかったことがある」(28歳/アパレル・繊維/秘書・アシスタント職)

・「相手の男性が自分が出すよとも言わなくて、こっちから払うよと言っていいのかどうか悩んだ」(28歳/医療・福祉/専門職)

相手が払うかどうかが分からなくて、困ってしまうこともありますよね。率先して自分が払うというと、男性のプライドを傷つけてしまうこともあるので、難しいところですよね。

彼の財布がなくて

・「財布を忘れて、その日は私が全部出すことに」(29歳/ホテル・旅行・アミューズメント/事務系専門職)

・「彼氏が財布をなくして大騒ぎ。私がATMまで言ってきて全額立て替えておいた」(30歳/運輸・倉庫/技術職)

彼が財布を忘れてしまうと、自分が払うしかありませんよね。いつもはスマートに支払いをしている彼だと、恥ずかしい思いをしていそうで気まずくなりますよね。

まとめ

デートのときにどちらが支払いをするのかで、気まずい思いをした人も多いようですね。割り勘でもいいと思っていても、最初のデートぐらいは払ってほしいと思う人も多いのでは。いきなり割り勘を求められると、それだけで気まずくなってしまいますよね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年12月にWebアンケート。有効回答数82件(22歳~36歳の働く女性)

※この記事は2017年01月02日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE