お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

イラッとする恋人の「干渉」は? 男性で多かったのは……

フォルサ

pak86_daretorenrakushitenda20140321_tp_v-324x200

愛し合っている彼氏・彼女の間でもプライバシーは尊重したいもの。ですが、中には過干渉してしまう人も……。今回はイラッとする恋人のプチ干渉について聞いてみました。

■女性がイラつく干渉

●携帯を見る

・「携帯を毎日中身をチェックされたりするのはプライバシーの侵害です」(23歳/機械・精密機器 /事務系専門職)

・「携帯や日記などの個人的な領域に無許可で踏み込むこと」(24歳/その他/その他)

勝手に携帯を見たり、見せてと詰め寄ったり、誰とメールしたのかを聞くというのは、かなりの干渉行為といえるのではないでしょうか。たとえ相手が疑わしくても許される行為ではありません。

●ファッションに口出し

・「服装やメイク、髪型にケチを出されるとき」(34歳/人材派遣・人材紹介/技術職)

・「服装に厳しく、スカートの長さや格好までいってくるところ」(24歳/医療・福祉/その他)

女性はメイクやファッションを楽しんでいるんです。そのため自分の好みとはちがうからといって、彼氏から文句を言われるのはイラットとする人が多いようです。

●行動を監視

・「行き先や予定などを逐一聞かれることがうっとしいのでいや」(27歳/運輸・倉庫/その他)

・「外出時に、どこにいるかいつ帰るか連絡してくること」(28歳/その他/事務系専門職)

休みの日を必ず会う日にしたり、誰と一緒に出掛けるのかを報告させたり、行動を制限するような行為は、もはやストーカーと変わりないのでは。明らかにやり過ぎです。

■男性がイラつく干渉

●携帯を見る

・「彼女でも許せない干渉行為は携帯チェックである」(29歳/その他/その他)

・「ケータイを勝手に見て、女性の連絡先を控える」(27歳/医療・福祉/事務系専門職)

彼女が彼の携帯を、彼の知らないところで見るのは、きっと浮気を疑っているのではないでしょうか。見に覚えがなく、潔白ならば、堂々と抗議しましょう。いかに彼女のことが好きかを真剣に話せばと必ず止めるはずです。

●家族・友だちを悪く言う

・「特にありませんが、私の身内の悪口は頂けません」(31歳/その他/その他)

・「昔からの親友との交友関係への干渉」(34歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

いくら彼女でも、言っていいことと悪いことがありますよね。とくに家族を侮辱するのはいただけません。大好きな彼女でもこの一言で気持ちも冷めてしまうかも!

●趣味に口出し

・「趣味・嗜好にちゃちゃを入れてくること」(23歳/その他/その他)

・「自分の趣味を理解しない女性。口出し無用」(27歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

趣味嗜好は人それぞれ。恋人だからと言って、とめる権利や侮辱する権利は誰にもありません。相手を本当に大切に思うなら、趣味ごと受け止めてあげたいですね。

■まとめ

男性の中には、「別に干渉行為をされても何とも思わない」や「干渉されるのは嫌いじゃない」という人もいましたが、干渉の限度があると思います。また、束縛されるのが嫌でも、まったく無関心で放って置かれるのも寂しいものです。その辺のさじ加減が難しいところですね。

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年10月21日~10月23日
調査人数:388人(22歳~34歳の男女)
※画像はイメージです

(フォルサ/岩崎弘美)

お役立ち情報[PR]