お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 出会い

「猫系男子」VS「犬系男子」、女性が付き合いたいのはどっち?

ファナティック

猫派と犬派は、何もペットだけではありません。人間の性格にも当てはめられますよね。今回は、気まぐれで自由な「猫系男子」と、人懐っこく従順な「犬系男子」について、女性の好みを調査してみました。

犬と猫

Q.あなたは、「猫系男子」と「犬系男子」では、どちらと付き合いたいですか?

「気まぐれで自由な猫系男子」……16.7%

「人懐っこく従順な犬系男子」……83.3%

今回の調査では、犬系男子のほうが約8割と圧倒的な人気がありました。それぞれの理由を聞いてみましょう。

<「猫系男子」派の意見>

■自由なところが魅力

・「自由な人は行ったことないところへ連れて行ってくれる」(29歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

・「自由すぎるのも嫌だけど、自由でいてほしい」(28歳/医療・福祉/専門職)

猫の魅力のひとつが、自由気ままな行動です。猫系男子は、自由に思った通りの行動をするタイプの男性のことでしょう。自由ということは、自分の意見があるということですし、人の望みというものを大事に考えるタイプの人ではないでしょうか。世間体や常識といったものにとらわれることがない、未知数の魅力が満載です。

■振りまわされたい

・「自由奔放な彼に振りまわされるのも悪くないと思う」(25歳/その他/事務系専門職)

・「追いかけたくなるほうが長続きするので」(27歳/生保・損保/専門職)

自由な猫系男子と付き合うと、きっとその自由さで振りまわされることになるでしょう。でも、恋愛においてはある程度「相手のわがままだってかわいい」と思うところがあるのかも。結婚生活では苦しいかもしれませんが、恋愛なら「振りまわされる」ことは決してマイナスばかりではないようです。

■犬タイプだとちょっとうんざり

・「猫が好きだから、犬だとうっとうしい」(25歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

・「かまってかまってみたいなタイプだと飽きそうだから」(24歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

猫タイプが好きというより、犬タイプの従順さが時には面倒に感じるという女性もいるようでした。確かに、犬のかわいらしさというのは、飼い主に懐いて尻尾を振って、「大好き!」ということを全身で表現してくれるところ。ペットならよくても、恋愛においては、「相手がこっちにメロメロになると、興味がなくなる」という人もいますよね。

<「犬系男子」派の意見>

■従順でかわいい

・「かわいいし、一緒にいて安心できるから」(22歳/自動車関連/事務系専門職)

・「人懐っこいほうが扱いやすいので、付き合いやすい」(30歳/機械・精密機器/営業職)

圧倒的人気の犬系男子でしたが、やはりその人懐っこさと従順さが安心感を与えてくれるようです。全身で愛しているということを伝えてくれる犬系男子なら、安心して身を任せられますね。結婚について素直に考えやすいのも、犬系男子かもしれません。

■自分は猫っぽいから

・「私が自由奔放な側なので、どっちも自由奔放すぎると交わらない気がする」(30歳/その他/秘書・アシスタント職)

・「自分が猫系な性格なので、従順でいてほしい」(30歳/その他/販売職・サービス系)

猫タイプの女性にとっては、相手となる男性まで猫タイプだと、関係が成り立たないような気持ちにさせられるようです。猫タイプの性格を自分でよくわかっているからこそ、相手には犬系の従順さを求めたいのでしょうか。確かに、自分とちがう人間と一緒にいるほうが、新しい発見があったり歩み寄ったりできて、うまくいくかもしれませんね。

■犬タイプは裏切らない

・「自分を裏切らない人と付き合っていたいから」(27歳/情報・IT/事務系専門職)

・「猫みたいに冷たくされると不安になるから」(24歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

猫タイプに対する不安としては、急にどこかに行ってしまうかもしれない、嫌われるかもしれないというものがありますよね。そこが魅力でもあるのですが、これまでに猫系男子と付き合って痛い目をみた女性にとっては、犬系男子を選びたいようです。

■まとめ

猫系男子にも犬系男子にも独自の魅力があります。でも、長続きさせたい、一緒に幸せになりたいということを強く思った場合、犬系男子のほうが女性人気は高いようです。恋愛相手と結婚相手では、結果もちがってくるかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年12月16日~12月27日
調査人数:114人(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]