お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 働き方

女子が「ボーナスが少なかったんだな」と思う男性の特徴4つ

フォルサ

今年のボーナス、あなたはどうでしたか? 多かった少なかったとみんなで話題になるなか、周りに浮かない顔をしている人はいませんか? ニュースでは増加してるそうですが、現実に支給された額を巡って悲喜こもごもなのでは。そこで今回は、20代~30代の女性に、「あぁ、あの人ボーナス少なかったのかなぁ」と思われる男性の特徴を聞いてみました。

www-pakutaso-com-shared-img-thumb-tan_eenensyuhikusugi

■飲み会・外食の回数が減った

・「飲みに行く回数を通常より減らした人」(39歳/主婦)

・「忘年会などの誘いをことごとく断って家にいる人」(37歳/主婦)

・「ボーナスが出る時期にファストフードや牛丼を食べている人。お金が無さそうだと感じるから」(30歳/その他/販売職・サービス系)

ボーナスを受け取り、みんなウキウキ気分で飲み会や食事会に出掛けるなか、浮かぬ顔でことごとくそんな誘いを断る人、いつもと変わらず牛丼とかに向かう人……。飲み会やご褒美ディナーにふみきれないのは、やはりボーナスの金額が予想以上に渋かったからでしょうか。

■やる気がダウン

・「仕事に対して欲がない人、与えられた最低限の事しかやらない人」(39歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「明らかに仕事のテンションが下がっている」(29歳/小売店/販売職・サービス系)

・「翌日の出社して、顔や態度で分かる。浮かない顔をして仕事のやる気がダウンしている……」(34歳/学校・教育関連/事務系専門職))

あからさまにとは思いますが、テンションが下がる気持ちもわからなくはないですよね。仕事の評価の表れでもあるボーナスが期待外れで少なかったとあっては、これまで頑張ってきたことが報われず、やる気もうせてしまうかもしれません。

■ボーナスの話をしたがらない

・「絶対に割り勘したがる、ボーナスの話をしない」(27歳/小売店/販売職・サービス系)

・「ボーナスの会話になってものって来ない人」(35歳/主婦)

・「大盤振る舞いする約束をしていたのに、まったくその気配が無い。どれどころか、ボーナスの話になると逃げる…」(35歳/情報・IT/事務系専門職))

みんなが楽しそうにボーナスの話をするなか、会話に入りたくないのは、それだけショックが大きいということ。そんなウキウキのテンションについてけるはずないですよね。

■そのほか

・「ボーナスをもらった日にテンションが低い人」(22歳/主婦)

・「ボーナスの明細を見てため息をついていたら、少なかったんだろうなって感じると思います」(30歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「ぼやきまくる。会社の悪口を言いまくる」(39歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

どれもあるあるで、その気持ちよく分かりますね。期待が大きかった分、ショックも大きく、しばらく立ち直れそうもないかも。

■まとめ

誰もが心華やぐボーナスシーズンと思いきや、なかには厳しい現実が待っていた人も。明るく振る舞おうにも、こればかりは難しい!? ただ、そんなときだからこそ、落ち込んだり、内にこもったりしないで、仲間とのプチ発散や自分へのご褒美でパワーを注入し、何とか次へと乗り越えましょう。暗くなっていても、イイことないですよ。

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年12月にWebアンケート。有効回答数208件(22歳~39歳の働く女性)

(フォルサ/はらだやすこ)

お役立ち情報[PR]